「 新月 」カテゴリの最新記事

2020年8月19日(水) 獅子座新月の過ごし方10例

2020年8月19日は「獅子座新月」

2020年8月19日(水)のお昼前、午前11:42に新月を迎えます。
今回は「獅子座の新月」。
自分を100%肯定し、輝きと喜びに満ちた人生を望む獅子座。
そして新月は、物事を新しくスタートさせる好機であり、願いを叶える特別な力を持つとも言われています。
獅子座の力を借りられる、次の新月の過ごし方をチェックしてみましょう、

8月19日 獅子座新月のおすすめアクション

新月の特別な力を意識した行動で、流れに乗る

新月。
これまでの流れがリセットされ、新しいサイクルが始まる日。
この力を意識して過ごしてみましょう。
物事の流れが、これまでよりスムーズになるかも。
気負って大きなアクションを起こす必要はありません。
「楽しんで」できること。
自分の今の気持ちに「しっくりくる」こと。
その気持ちや感覚を大事にしてみて。
流れるように過ぎてしまう慌ただしい毎日…。
でも月のサイクルを意識すると、そんな日々に少しメリハリがつくようになります。
まずは新月という特別な日の力を、ちょっと意識してみましょう、

獅子座の新月が持つ特別な力とは

では、次の「獅子座新月」はどんな力を持っているでしょう。
獅子座にとって人生は「自分が主役のステージ」。
自分の力を100%信じ、堂々と生きる。
ドラマティックな喜びや楽しみを味わい尽くす。
まず自分自身が思い切り輝くことで、周囲をも明るく照らす。
そんな、太陽のような輝きに満ちた星座が獅子座です。

「自分の人生を輝かせる」ための行動がおすすめ



そんな獅子座の輝かしい力にあやかれる、8月の新月。
キーワードを挙げるとすれば….
「自己肯定」「自信」「喜びと興奮に満ちた人生」「自分の人生を思い切り楽しむ」「太陽のような輝き」など…。
また、体の中では「背中」「心臓」「全身の血流」に関する力を持っているのが獅子座。
背筋をしっかり伸ばし、美しい背中を見せたドレスで堂々ととレッドカーペットを歩く女優。
まさにそれが獅子座のイメージです。
また、ドラマティックに、エネルギッシュに人生を楽しみ尽くす獅子座には強いハートが不可欠。
ドキドキ高揚するような気持ちを求め続けるバイタリティと積極性。
そんな獅子座の姿をイメージして。その力にあやかってみましょう。

獅子座新月におすすめのアクション10例

1.「自分のためだけ」の時間を作ってみる

獅子座は、自分の喜びや楽しみを何より優先する星座。
まず自分が誰より輝く。
太陽のように、自分が最高に輝いてこそ世界を明るく照らすことができる星座です。
そんな風に生きられたら、確かに素敵。
でも、仕事に家事に…と毎日大忙し。
自分のための時間もエネルギーも残ってない…という人は多いのでは。
だからこそ、獅子座新月の日に少しの見直しを。
ほんの少しでいいので「自分のためだけの時間」を作ってみて。
そして、何でも好きなことをして過ごしてみましょう。
ゆっくりコーヒーやお酒を飲む。
見たかった映画やドラマを観る。
友達とおしゃべりするetc…。
無理せずできる、小さなことで構いません。
「自分の楽しみ」のためだけの時間を意識的に作る。
罪悪感なくそれを思い切り楽しむ。
それがポイントです。

2. ドキドキ感を味わえる映画や小説、漫画を楽しむ

獅子座はドラマティックな高揚感を人生に求める星座。
年齢に関係なく、いつもドキドキする気持ちを忘れません。
そんな高揚感を与えてくれるものと言えば、素敵な恋。
実際に恋をしている人はもちろん、そんな気持ちはずいぶんご無沙汰…という人も。
映画やドラマ、小説やマンガの力を借りて、心のときめき感を呼び起こしてみましょう。
フィクションの世界に酔ったって意味がない…と思われるかもしれません。
でもまずは、心に非日常のドキドキ感を呼び覚ましてあげることが大事!
躊躇せず、思いっきり感情移入してしまいましょう。
ありふれた日常に、意識的にトキメキを注入してみる。
獅子座新月の力を借りて楽しんで。

3. 普段よりちょっとドラマティックなファッションを意識してみる

ドラマティックで大胆な人生を望む獅子座。
ありふれた、退屈な日常に埋没してしまうなんて耐えられない星座です。
本当は私たちの誰もが、もっとワクワク、ドキドキするような毎日を求めているはず。
でも実際には…。
毎日同じような日々の繰り返し。
会社やスーパー、子どもの送り迎えと家を往復するだけの日々。
とりあえず楽で無難な服を着て、メイクも適当…。
これでは、あなたの魅力も心の活力も擦り切れてしまいます。
例年にも増してオシャレの機会が少ない今年の夏。
マスクで隠れるからとメイクにも力が入りません。
そこをあえて、獅子座の力を借りて日常から少しだけジャンプしてみましょう。
特に用事がなくても、ちょっと高揚感が味わえるれるお洋服に袖を通してみて。
そんなお洋服や靴をこの機会に新調するのもおすすめ。
大事なのは、ファッションの力を借りて「いつもと少し違う自分」に対するドキドキ感を味わうこと。
意味なんてなくてOKです。

4. 「非日常」の特別感が味わえる場所に行ってみる

これも「ありふれた、平凡な日常」からちょっと飛躍するための一工夫です。
何かと制限が多く、行動範囲も狭くなっている今。
ただでさえ限定されがちな日常生活が、ますます小さくまとまってしまいがちです。
可能な範囲で、ちょっとその枠を広げてみましょう。
ちょっとハードルが高く感じられて普段は足を踏み入れない場所。
でも本当は行ってみたい、その雰囲気を味わいたい…。
そんな場所にあえて足を踏み入れてみて。
ホテルのロビーラウンジでコーヒーやお酒を楽しむ。
ちょっとだけ高級なお店で食事する。
憧れのハイブランドのお店に入ってみるetc…。
緊張してしまうほど無理する必要はもちろんありません。
楽しんでできる範囲のことでOK。
あえていつもと少し違う気分を楽しむ。
そのことに意味があります。

5. 全身の血流やリンパを促進するマッサージで疲れをリセット

獅子座は「心臓・血流」をつかさどる星座。
大胆に人生を楽しみ尽くすバイタリティのためには、強いハートと、しっかり全身を巡る力強い血流が不可欠。
それは私たちも同じ。
血流の悪さは全身の不調につながります。
気持ちだけでどんなに頑張ろうとしても、血行が悪く弱々しい状態では力を発揮できません。
新月は、溜め込んだ疲れやストレスを「リセット」したい日でもあります。
可能なら、エステやマッサージ店で全身の血流を促進する施術を受けて、心と体を癒す時間を。
もちろん、お店に行けない場合はセルフケアでOK。
特に疲れている場所をいたわりながらゆっくりケアしてあげて。
クーラーで冷えがちな下半身は特にオススメです。

6. 「背中」を美しく魅せるケアをスタート

獅子座は「背中」もつかさどる星座。
背中は、自分で直接見る事ができず、手も届きにくい場所。
頻繁に人に見せるわけでもないので、ついケアを怠りがちなパーツです。
だからこそ、意識的なケアをするかどうかで大きな差がつく場所です。
大胆に背中の開いたドレスで、美しく引き締まった滑らかな背中を見せて、背筋を伸ばして堂々とレッドカーペットを歩く女優さんの姿をイメージしてみて。
私にはそんな機会はない!なんて言わないで。
誰にでも、いつでも見せられる美しい背中を手に入れられれば、大きな自信につながるはず。
保湿ケア、美白ケア、姿勢の改善….。
特に気になること、気軽に始められることからでOK。
この機会に「美背中ケア」をスタートしてみませんか。

7. 自分の選択や行動を、全部肯定してみる

獅子座のもう一つの重要なテーマが「自己肯定」。
無条件に自分を信じ、肯定する。
だららこそ堂々と自分の人生を楽しめる。
それが獅子座です。
これは、多くの人にとってなかなか難しいこと。
でも、本当に自分の人生を楽しみたいなら「自己肯定」はとても重要な要素です。
まずは簡単な事から始めてみましょう。
新月の日、自分がとる行動、選択のすべてに意識的な「OK」を出してあげて。
「しまった!」とか「ダメじゃん!」と思えるような行動、選択であっても、です。
私たちは無意識のうちに、自分のやる事なす事に自分でダメ出しています。・
そうやって、知らないうちに自分をどんどん萎縮させているのです。
一日のうち、限られた時間だけでも構いません。
どれだけ多くの「ダメ!」を自分で自分に突きつけているか、それに気づくだけでも意味があります。

8. 憧れの女性を見つけて、うっとりしてみる

獅子座は、非日常のドキドキ感、高揚感を人生に求める星座。
次の新月は、そんな獅子座の力を借りて、新しい自分にステージアップするチャンス。
まずは、ありふれた日常から自分を一歩引き上げてくれる「憧れ」の気持ちを大切にしてみましょう・
思わず「素敵!」と見惚れてしまうような、憧れの女性を探してみて。
女優さん、モデルさん、インフルエンサー、身近な人…。
誰でも構いません。
「あんな風になりたい!」と憧れられる対象を見つけて、思う存分うっとりしてみましょう。
憧れの気持ちは、いつだって私たちを少しだけ遠くに連れて行ってくれます。

9. 根拠なく自分を信じてみる

獅子座の大切なテーマである「自信」。
これは、自分には何かができる、得意な事がある…といった経験から来る、条件つきの自信ではありません。
無条件に自分を信じる。
「根拠のない自信」などと言うと良いイメージがありませんが、実はこれはとても大切なこと。
自分ができる事、過去に成功した事にしか自信を持てないのなら、それ以上の事に挑戦するのは難しくなります。
未知の事態に遭遇した時も、逃げ出すしかなくなるでしょう。
「私は絶対に大丈夫!」と自分を信じられる。
どんなに状況が悪く思えても、他人が無理だと言っても。
それでも根拠なく自分を信じて進むしかない、そんな時も人生にはあります。
獅子座新月の日、自分の力を信じる、ということを少し意識してみて。

10. 獅子座の力を借りて「新月の願い事」に挑戦してみる



新月には願いを叶えてくれる力があるとも言われます。
そしてこれまでみてきたように、獅子座は「自己肯定・自信」や「喜び・興奮・楽しみ」「自分自身が輝くこと」、「背中・心臓・血流」に関する力を持った星座。
この獅子座の力を借りて「新月の願い事」に挑戦してしてみましょう。
獅子座新月に叶いやすい願い事の具体例、「新月の願い事」の詳しい方法についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

蟹座新月に叶いやすい願い事は?

新月で古い流れをリセットして、新鮮な気持ちで新しいスタートを

新月は、月のサイクルが生まれ変わる特別な日

満ち欠けを繰り返し、日々その姿を変え続ける月。
約29.5日でそのサイクルは一巡します。
新月は、古いサイクルを終わらせてまた新しいスタートを迎える特別な日。
いわば「生まれ変わり」のタイミングです。
これまでの流れを一度リセットし、新鮮な気持ちで新たなスタートをきる。
新月をそんな節目の日として意識してみる…。
すると、慌ただしく流れるように過ぎてしまう毎日に少しメリハリがつくようになります。

人々の生活リズムと一致していた月のサイクル

現在の暦(太陽暦)日本で採用されたのは明治時代。
それまで長く人々の暮らしのリズムを支えていた暦(いわゆる旧暦、太陰暦)は、月のサイクルが一ヶ月のベースになっていました。
つまり新月が文字通り「月」の始まりだったのです。
日々その姿を変える月を見上げて日々の移り変わりを感じる。
それは人類の長い長い歴史の中で私たちの心と身体に奥深く刻まれた、自然な時間の流れの感じ方なのかもしれません。
農業では新月に新しい種をまき。満月に実りを収穫するという習慣もあります・

物事を新しく始める、再スタートするのに最適な新月の日

月が新く生まれ変わる新月の日は、何かを新しく始める好機。
これから始めたいこと、リスタートしたいことがある人はぜひこのタイミングを意識してみて。
大きなプロジェクトや長期に渡る計画の最中なら、新月のタイミングで一度現状を整理したり、気持ちをリセットしてみたりするのもおすすめ。
ちょっと嫌な流れが続いているな,,,という人も、新月のタイミングで気持を切り替えてみましょう。
直接は感じられなくても、目の前はぐちゃぐちゃに混亂していても…。
私達を取り囲む、自然の大きなサイクルは新しいスタートを迎えているコトを意識してみましょう。。

「新月の願い事」で願いをスムーズに叶えよう

新月には願いを叶える特別な力も?

そしてもう一つ、新月には特別な楽しみが。
古くから世界中で、新月には願いを叶えてくれる特別な力があると信じられてきました。
多くの習慣やならわしが迷信として忘れ去られるなか、「新月の願い事」は今でも世界中の人々に実践されています。
そんな馬鹿げたこと、非科学的なこと!と否定したくなる人も多いでしょう。
でも「再生」の力を持った神秘的な新月のイメージが、私達の潜在意識の奥深くに働きかけるのかもしれません。
それに物事がうまくいく時というのは、自分の小さな力を超えた大きな「何か」が働いていると感じられることも多いもの。
ちょっと謙虚な気持ちになって、自分の願いを月に委ねてみるのもいいかもしれません。
「新月の願い事」の方法を見る

毎回の新月は、それぞれ異なる力を持っている

毎月必ず一度は訪れる新月。
でも、その力は毎回違っています。
新月が起こるタイミングに、月がどの星座のエリアに滞在しているかが新月の持つ力に影響を与えるのです。
「新月の願い事」に挑戦するなら、ぜひこの星座の影響も知っておきたいところ。
例えば、次の新月は「獅子座の新月」。
獅子座は、太陽の輝きに象徴される星座。
人生を「自分が主役のステージ」として捉え、喜びと興奮に満ちた人生を大胆に楽しみ尽くします。
安定した経済基盤や豊かな生活を望むなら牡牛座。
何でもテキパキこなす能力が欲しいなら乙女座など…。
それぞれの星座が持つ力、得意分野を知っていると、より願いが叶いやすくなるはずです。

8月19日「獅子座新月」に叶いやすい願い事は?

では、次の「獅子座新月」にはどんな願い事が効果的でしょうか、
自分自身の人生を思い切り楽しむバイタリティ、絶対的な自信と自己肯定感に恵まれてた獅子座。
次のような願いには特にその力を発揮してくれます。

 ・「自信」に関わること
 ・「自己肯定」に関すること
・「自分の喜びや楽しみ」に関すること
 ・「ドラマティックで興奮に満ちた人生」に関すること
 ・「ロマンス」に関すること
 ・「大胆さ」や「バイタリティ」に関すること
 ・「非日常的な魅力」に関すること
 ・「背中」「心臓」「血流」に関すること

蟹座新月に叶いやすい願い事の具体例をもっと見る
—!>


年に一度しか訪れない、獅子座の新月。
ぜひ8月19日の新月をお楽しみに。


スポンサーリンク