「月星座」が「牡羊座」のあなたは…

牡羊座

あなたの月星座、牡羊座がどんな意味を持つか知っていますか?

牡羊座は、12星座の中で一番最初に位置する、特別な使命を帯びた星座です。
その牡羊座を「月星座」に与えられたということが、あなたの人生にどんな影響を与えるか知っていますか?
「月星座」は一般的な星占いでおなじみの「星座」、つまり「太陽星座」とは別のものです。
月陽星座が表すのは、その人が「内側」に本来持って生まれたもの。
例えば、社会の中で自分を積極的に表現しようとする時には姿を隠しているけれど、本当はあなの心の奥底にある欲求。
努力して身につけなくても、本来あなたの中に備わっている能力や魅力。
そしてあなた自身も気付いていないかもしれない、秘めた可能性…。
月星座はこういったものを教えてくれます。
自分の性格や才能、さらに短所や欠点だと思っているものも、 牡羊座という月星座の性質に影響されているかもしれません。
その性質、力がどんなものなのかを客観的に理解すれば、 あなたの魅力をもっと豊かに花開かせ、陥りがちなトラブルにうまく対処できるようになるはず。
さっそく牡羊座という月星座の秘められた力と、豊かな魅力を紐解いていきましょう。

「太陽星座」が牡羊座の方はこちらをチェック!

「牡羊座」という月星座を読み解く、6つのポイント

牡羊座が持つ「テーマと使命」

自分の力で世界を切り拓き、自分の存在を世界に向かって宣言する

「自分の存在を確かめ、周囲にその存在を高らかにアピールする」こと。
それが牡羊座の何より重要なテーマです。
そしてそのために牡羊座がとる方法は「競争に勝つ」こと。
そもそも牡羊座は、12星座の1番目に位置する星座。
この世に生を受けたばかりの、純粋な魂そのもののような存在なのです。
世界はまったくの手付かずで、自分が何者かという定義も与えられていません。
そんな真新しい世界で、自分という存在を確かめ、周囲にアピールしなければいけないのです。
赤ちゃんが、誰に命じられなくても自分の力で立ち上がろうとするのと同じように、牡羊座は本能的に自分の力で前に進もうとします。
危ないからと、大人にずっと支えられていては、赤ちゃんはいつまでも自分の力で歩けるようにはなりません。
世界が驚きに満ちている幼い子供にとって、自分の力で何かができるようになることは、純粋な喜びです。
立ちたい、歩きたい、という目標があればとにかく脇目もふらず進み、何度転んでも立ち上がる。
一つできるようになれば、また次へ。
本能的に自分の手で世界を切り拓こうとする牡羊座の開拓精神も、これと同じです。
そして未開拓の世界を少しでも早く、誰よりも早く見たい。
誰かが自分の頭をおさえて先に行こうとすれば、何がなんでも追いかけなければなりません。
そうやって恐れ知らずの純粋さで、決して立ち止まらず、まっすぐ前に進み続けるのが牡羊座なのです。


「牡羊座」という月星座の力は、あなたの心の奥底に確実に存在しています。

この牡羊座という星座を月星座に与えられたあなたは、牡羊座の「No.1を目指す」「自分の手で世界を切り拓く」 「困難を恐れず前に進む」といった性質を自らの奥深くに持ち合わせています。
月星座の性質は太陽星座と違って表からは分かりにくいかもしれませんが、あなたの本音や秘めた想い、可能性として様々な場面でその力を働かせます。
そして、どんな星座の性質も、それ自体に「良い・悪い」や「優劣」はありません。
ただ、それぞれの星座の性質が場合によって良い方向に働くこともあれば、 困った状況を作り出してしまうこともあるのは事実です。
それは例えば、「水」が私たちの命と生活に欠かせない物質であると同時に、 場合によってはそのエネルギーが人の命を奪い、生活を破壊することもあるのと同じ。
でも、水の力と性質を知っていれば、それをある程度コントロールすることも可能になります。
あなたが生まれた瞬間に与えられた、牡羊座という星座の力も同じなのです。
自分が与えられているもの、それがどんなパワーを持っていて、 どんな性質、傾向のものなのかを理解していれば、 その力を様々な場面で、最大限に活かすことができます。
逆に無自覚なままに、牡羊座の力と性質に引きずり回されて困った状況に陥ってしまうのも避けられるでしょう。
蟹の固い甲羅、そしてその内側にある繊細で優しい心と豊かな感情が、 あなたの人生にどんな作用を及ぼしているのか、具体的に見ていきましょう。

牡羊座を月星座の持つ人の心の奥深くにある「本当の望み」

根はとても負けず嫌い、自分の存在をアピールしたい

この世界にデビューしたばかりの牡羊座にとって、自分の存在を確かめ、周囲に知らしめることは何よりの優先課題。
そして月星座は、その人の「心の奥深くにある望み」を表します。

月星座に牡羊座を授かった人は、心のどこかに「人と歩調を合わせず、思うがままに生きたい」「他の誰とも違う、オリジナルなことを自分の手で始めたい」といった想いを秘めているはず。

人が社会の中で生きていくうえで目指すもの、発揮される傾向は、月星座より太陽星座の性質に大きな影響を受けます。

そのため月星座としての牡羊座の、独立心と情熱に溢れる想いは、もしかするとあなた自身もあまり意識することはないかもしれません。

でも月星座の性質というものは、成長と共に心の奥深くに隠れてしまうことはあっても、消えてなくなってしまうことはありません。

だからたとえ太陽星座が乙女座のように、堅実な人生を求める星座であったり、天秤座のように周囲との調和を重視する星座であったとしても、新しいことに挑戦する冒険的な要素のない生活や、周りの人たちに同調して過ごさなければならない環境では、ひどく息苦しくなってしまうこともあるでしょう。

牡羊座にとって大切なのは、自分の手で何かを切り拓くこと。

そして、どんな分野であれ勝負を挑んで、一番になること。

どんなに安定していても、人の後をついていくとか、決められたレールの上を歩いていく生き方なんて、牡羊座には耐えられません。

また、自分の存在を抑えつけでまで、みんなとうまくやっていこうとも思いません。

もしあなたが、日々の穏やかな暮らしの中でふと、満たされない気分を味わったり、みんなと歩調を合わせて生きていくのにひどく疲れを感じることがあったら…。

それはあなたの中の牡羊座が、何か別のものを求めているサインかもしれません。

だからその気持ちを否定したり、無理に抑圧したりしてしまわずに、心の奥底に存在している牡羊座の声に耳を傾けてみてください。

今すぐその要求に応えられなくても構いません。

大切なのは、内なる牡羊座の存在をきちんと認めてあげることです。

牡羊座を月星座に持つ人からにじみ出る「魅力」

自然に表れる、堂々とした雰囲気とまっすぐさ

牡羊座は、この世に生まれたばかりの純粋な魂を持った星座。
表裏がなく率直で、自分の可能性を信じてキラキラと輝いています。
また、物怖じせず前向きに人生に立ち向かう姿勢は、人々を思わず惹き付けるもの。
月星座に牡羊座を与えられた人からは、どこからともなく牡羊座のこんなまっすぐで、ピュアなエネルギーに満ちた魅力が漂います。

月星座の魅力というものは、他の星座が羨んで努力したからといって手に入れられるものではありません。
本人も気付かないうちに、あくまで自然に雰囲気のようなもの。
それでいて確実にまわりの人たちを魅力してしまう、引力のようなものです。

無垢で誇り高い魂の持ち主である牡羊座は、嘘やごまかしが嫌いな正直者でもあります。
また、その場その場で出方を変えて人の機嫌をとるような、おもねった態度も大嫌い。
あくまで自分は自分、と胸を張って主張できる潔さ、決して媚びない堂々とした姿勢。

人の顔色をうかがいながら生きるなんて、まっぴらごめんの牡羊座にとっては、これは当たり前のことなのですが、誰でもそんな風に生きられるわけではありません。
そのまっすぐさはあなたの魅力であるだけでなく、多くの人の信用も呼ぶはずです。

また牡羊座は、自分の存在をみんなにアピールするという使命を課せられた星座でもあります。
だからいつでもストレートに自分を表現し、誰より輝く存在であろうとするのです。
加えて前向きな活力とエネルギーに満ちているため、決して無視できない存在感があり、人々の注目を集めずにおきません。
そして注目されることを楽しみ、ますます自分らしく輝くことができるのも牡羊座です。

月星座の魅力は、あなたがいっぱいいっぱいに頑張っている余裕のない時よりも、ゆったりリラックスしている時に自然と表れてくるもの。
ぜひ肩の力を抜いて、牡羊座のこんな素晴らしい魅力を解放してあげてください。

牡羊座を月星座に持つ人が秘めている「才能と可能性」

圧倒的なバイタリティと行動力を秘めたパイオニア

牡羊座は積極性と行動力に溢れた、パワフルなエネルギーの持ち主。
困難に躊躇せず前進するバイタリティで、不可能も可能にしてしまう力を持っています。
月星座に牡羊座を与えられた人の中には、牡羊座のこんな素晴らしい能力が眠っているのです。

人が社会で生き抜くうえで発揮される才能は、月星座より太陽星座の持つ力に色濃く影響を受けるのが一般的。
そのため、月星座としての牡羊座のこんな素晴らしい能力には、もしかするとあなた自身も気付いていないかもしれません。
でも月星座の力は、その人の奥深くにずっと存在しています。
それは、あなたが少し肩の力を抜いた時、ふと意外なかたちで顔を出すかもしれません。

人に負けるのが大嫌いで、何事も人より早く手をつけて結果を出したいのが牡羊座。
勝つためならどんな困難も乗り越えられるし、即断即決で躊躇なく行動を起こすことができます。
他の人なら「無理に決まっている」とあきらめてしまうことでも果敢に挑戦し、結果を出すまで戦い続けます。
その積極性と恐れ知らずの姿勢が、真のパイオニアとなることを可能にします。

他の星座が舌を巻くほどの、牡羊座の圧倒的な能力とバイタリティ。
その力は、自分を抑えつけず、自分の力をめいっぱい試してみようとする時にこそ発揮されるものです。
つまり牡羊座を月星座に持つ人は、困難を恐れないチャレンジを重ねることで、人生をさらに大きく豊かに発展させられる可能性を秘めているのです。

一つ一つのチャレンジは、どんなに些細なものでも構いません。
ついためらったり、面倒がって避けてしまうことに、ちょっと思い切って挑戦してみる…。
そんな小さな挑戦の積み重ねが、眠っている牡羊座の素晴らしい力を呼び覚ましてくれるはずです。

牡羊座を月星座に持つ人が「パートナーに求めるもの」

口出しされるのは嫌い、でも本当は孤独を癒して欲しい

自分の手で世界を切り拓きたいと望む牡羊座は、独立心と自意識が人一倍強い一方で、心の奥底に孤独を抱え込んでしまいがちな面もあります。
月星座に牡羊座を授かった人は、恋人やパートナーとの関係を築くうえで、少なからず牡羊座のこんな性質に影響を受けるはず。

自分の力を信じ、常に誰にも負けまいと一層懸命な牡羊座。
そんな牡羊座は、人のアドバイスに従ったり、人の意見を素直に受け入れたりするのが苦手です。
誰より頑張っているという自負があるから、相手が善意で口にした他愛のない一言でさえ「口出し」されたと感じ、反射的に腹が立ってしまうのです。

また、人の意見を取り入れるということは牡羊座にって、自分が間違っていたと認めること、つまり自分の負けを認めるのと同じこと。
「負け」は牡羊座にとって何より避けたい事態ですから、つい強情を張って自分の正しさを証明しようと、過剰反応してしまいがちです。

だから牡羊座は、自分のやり方を通させてくれない相手とはどうしても必要以上に衝突してしまいがち。
特に自分と同じ分野で活躍している相手や、何らかのかたちで同じフィールドにいる相手は、恋人やパートナーであってもどこかで競争相手として見てしまう傾向もあります。

ところが、そんな独立心の強さの裏側では、自分を完全に理解して全面的に受け入れて欲しいと望んでいるのも牡羊座なのです。
いつも自分にプレッシャーを与え、常に全力で人生に勝負を挑むことに生きがいを感じる牡羊座ですが、それは非常に緊張を強いる生き方であるのも事実。
もっとも身近にいてくれて、心を許せる存在である恋人やパートナーにだけは、すべてを委ねて心から安心したいと願うのも当然でしょう。

他人と歩調を合わせて自分の存在を埋もれさせてしまうくらいなら、多少孤立しても自分をしっかりアピールする方を選ぶ牡羊座。
でもそれは決して、孤独を好むゆえの選択ではありません。
むしろ社会の中ではそうやって戦い続けているからこそ、心から自分を受け入れてくれるパートナーを求めます。
人前で弱音を吐いたり、人に甘えたりするのが苦手な牡羊座にとって、本当の自分をさらけ出すことができる相手の存在が、実はとても重要なのです。

牡羊座を月星座に持つ人が「無意識のうちに陥りがちなトラブル」

衝動的に行動する、短絡的な決断で失敗する

牡羊座は素晴らしい行動力と積極性、そして困難を恐れず前に進むバイタリティの持ち主。
でも、そんな大きなエネルギーを太陽星座の力として授かっていることに無自覚でいると、牡羊座のまっすぐな力をコントロールしきれず、困った事態に陥ることもあり得ます。

月星座の力は、無意識のうちに働くもの。
なぜかいつもうまくいかない、同じ失敗を繰り返してしまう…というパターンがあるのなら、それは気付かないところで牡羊座の力が作用しているからかもしれません。

人生を「競争」の場として見てしまうのが牡羊座の宿命。
それこそ牡羊座の行動力を生み出すパワーの源です。
ただ一方で、この傾向が過剰になることで、何でも「早く」手をつけよう、結果を出そうと焦るあまり行動や決断が衝動的、短絡的になってしまうことも。

また何か新しいことが気にかかってしまうと、やはり急いで試してみずにはいられないのため、結果的に一つのことが長続きしないことも。
本来牡羊座は、どんな困難も乗り越えて何かを成し遂げるエネルギーの持ち主なのですが、その力が歪んだ形で働くと、飽きっぽさや一貫性のなさという非生産的な傾向として表れてしまいます。

また牡羊座は、自分の存在を確かめることに最大のエネルギーを注がなければならない星座。
そのため、時に他人の存在が希薄になり、眼に入らなくなってしまうこともあるかもしれません。
自分がこの世にやってきたことを、世界に向かって宣言する必要がある牡羊座にとって、周りに同調して人々の中に埋もれてしまうことは、耐え難いのです。
多少孤立したり、軋轢を生んだりしたとしても、自分の存在をしっかり主張しようとするのは当然でしょう。

もちろん、それが牡羊座の性質だからと言って「これは全部、月星座の力のせいだから仕方ない」と諦めたり、開き直ったりする必要はありません。
大切なのは、あなたが与えられた牡羊座という星座の力が、どんなものなのかを知っておくこと。
そして、その力があなたの中で働いていることを自覚すること。
そうすれば、無自覚なままその力に振り回されることもなくなります。

あなたの「太陽星座」が持つ意味も調べてみましょう

あなたの内面、持って生まれたものを表す「月星座」に対して 社会の中で発揮される傾向や能力を表すのが、星占いでお馴染みの「太陽星座」。
でも、あなたの太陽星座がどんな意味を持っていて、 あなたの価値観や人生、人間関係にどう影響しているか意識したことがありますか?
月星座と併せて、あなたの太陽得星座についても詳しく見てみましょう。

ページのトップに戻る