「月星座」が「双子座」のあなたは…

双子座

あなたの月星座、双子座がどんな意味を持つか知っていますか?

12星座の中でも屈指のピュアな好奇心とコミュニケーション能力に恵まれた星座です。
その双子座を「月星座」に与えられたということが、あなたの人生にどんな影響を与えるか知っていますか?
「月星座」は一般的な星占いでおなじみの「星座」、つまり「太陽星座」とは別のものです。
月陽星座が表すのは、その人が「内側」に本来持って生まれたもの。
例えば、社会の中で自分を積極的に表現しようとする時には姿を隠しているけれど、本当はあなの心の奥底にある欲求。
努力して身につけなくても、本来あなたの中に備わっている能力や魅力。
そしてあなた自身も気付いていないかもしれない、秘めた可能性…。
月星座はこういったものを教えてくれます。
自分の性格や才能、さらに短所や欠点だと思っているものも、 双子座という月星座の性質に影響されているかもしれません。
その性質、力がどんなものなのかを客観的に理解すれば、 あなたの魅力をもっと豊かに花開かせ、陥りがちなトラブルにうまく対処できるようになるはず。
さっそく双子座という月星座の秘められた力と、豊かな魅力を紐解いていきましょう。

「太陽星座」が双子座の方はこちらをチェック!

「双子座」という月星座を読み解く、6つのポイント

双子座が持つ「テーマと使命」

世界中を駆け回って情報を集め、それをみんなに伝えること

あちこちに移動して新しいものを見つけ続けること。
そしてそれを他の人たちに伝えること。
それが双子座に与えたれた、もっとも重要なテーマです。
人が生きていくためには安定した生活の基盤が必要ですが、それだけでは何も生まれません。
成長し、可能性を広げていくためには変化と刺激が必要です。
ずっと同じ場所で同じ景色ばかり見ていたのでは、考え方が硬直してしまい、いざという時、柔軟に対応できなくなってしまうかもしれません。
だから双子座はそうならないように、見るものすべてが新鮮に映る子供のように、好奇心いっぱいで世界を駆け回ります。
面白そうなものには何でも興味を抱き、ぱっと飛びつく。
いつもワクワクしていて、片時もじっとしてはいられない、自由かつ活発な星座です。
そして双子座は、自分が興味を持ったバラバラの物事をつなぎ合わせ、新しい価値やストーリーを生み出します。
それは遊び盛りの子供が、本来は別の用途に使うものを大人が思いもつかないやり方で遊び道具に変えてしまうのと同じ。
そして自分が見たもの、面白いと感じたものは独り占めせず、みんなに話して伝えます。
風のように飛び回り、硬直してしまった世界をかき回して、新鮮な空気を送り込む。
それが双子座の使命だからです。


「双子座」という月星座の力は、あなたの心の奥底に確実に存在しています。

この双子座という星座を月星座に与えられたあなたは、双子座の「好奇心のおもむくままに動き回る」「機敏さ、頭の回転の速さ」 「言葉でのコミュニケーションを大切にする」といった性質を自らの奥深くに持ち合わせています。
月星座の性質は太陽星座と違って表からは分かりにくいかもしれませんが、あなたの本音や秘めた想い、可能性として様々な場面でその力を働かせます。
そして、どんな星座の性質も、それ自体に「良い・悪い」や「優劣」はありません。
ただ、それぞれの星座の性質が場合によって良い方向に働くこともあれば、 困った状況を作り出してしまうこともあるのは事実です。
それは例えば、「水」が私たちの命と生活に欠かせない物質であると同時に、 場合によってはそのエネルギーが人の命を奪い、生活を破壊することもあるのと同じ。
でも、水の力と性質を知っていれば、それをある程度コントロールすることも可能になります。
あなたが生まれた瞬間に与えられた、双子座という星座の力も同じなのです。
自分が与えられているもの、それがどんなパワーを持っていて、 どんな性質、傾向のものなのかを理解していれば、 その力を様々な場面で、最大限に活かすことができます。
逆に無自覚なままに、双子座の力と性質に引きずり回されて困った状況に陥ってしまうのも避けられるでしょう。
常に変化を求める、柔らかさを失わないみずみずしい心が、 あなたの人生にどんな作用を及ぼしているのか、具体的に見ていきましょう。

双子座を月星座の持つ人の心の奥深くにある「本当の望み」

本当は自由でいたい、退屈は嫌いで変化が欲しい…

双子座は自由を愛し、常に変化を必要とする星座。
ひとところにとどまらず動き続け、新しいものを発見し続けることを宿命づけられている星座です。

そして月星座は、その人の心の奥深くにある本音、秘めた望みなどを表すもの。
つまり月星座に双子座を授かった人の内側には、どこかで「縛られたくない、身軽でいたい」「新しいものに触れたい」「小まめに動き回っていたい」といった願望が秘められてるのです。

だからたとえ太陽星座が、牡牛座のように安定した生活を求める星座だったり、山羊座のようにコツコツと何かを積み上げようとする星座であったとしても、あまりに固定的で変化を欠いた生活を長く続けていると、時々ひどく息苦しくなってしまうこともあるでしょう。

双子座が変化を求めて飛び回るのは、世界を硬直化させないように、常に新しい風を吹き込むという大切な使命を果たすため。
何かにどっぷり深入りすること、決まりきった生活パターンに縛られること、周りの景色がずっと変わらないこと…。
これらはすべて双子座にとってはとても苦痛なことなのです。

双子座は、見るものすべてが新鮮で、あらゆることに興味を持つ子供のような、みずみずしい好奇心の持ち主。
興味のおもむくまま様々なものに手を伸ばす、そのピュアな好奇心を抑えつけられてしまっては、窒息してしまいそうなくらい苦しくなってしまいます。

だからもし、あなたが何か一つのことに身を投じてコツコツ地道な努力を重ねている時、どうしても他のことが気になって落ち着かない気分になってしまったら…。
安定した生活の基盤を手に入れて、そこに安住しようとしているのに、何か物足りない…と不満を感じてしまったら。
それはあなたの月星座である双子座が、何か別のものを求めているサインかもしれません。

だからその気持ちを無理に抑え込まず、あなたの中の双子座の声に耳を傾けてみてください。
今すぐその要求に応えられなくても構いません。
大切なのは、あなたの中に眠っている、双子座の存在に気付くこと。
そして、それを無視して抑圧するのではなく、上手に付き合っていくこと。
そうすれば、双子座の力はあなたの人生をさらに豊かに輝かせてくれるはずです。

双子座を月星座に持つ人からにじみ出る「魅力」

人を楽しませる社交術、自然に漂う若々しさ

双子座は明るく社交的で、誰からも好かれるとても魅力的な星座です。
月星座が双子座の人からは、無意識のうちに双子座のこんな魅力が漂います。

双子座は、面白いものを求めてあちこち移動する星座。
行く先々でたくさんの人と知り合い、話を聞いて様々な情報をキャッチして回るのが使命です。
そんな双子座が、誰とでも仲良くなれる社交性や、誰からも好かれる親しみやすい魅力を授けられているのは当然かもしれません。

また、人を楽しませる話術、知的なコミュニケーション能力も、双子座が使命を果たすために授かった魅力の一つ。
楽しいおしゃべりが大好きなだけでなく、場の空気を読んで上手に盛り上げることができます。
さらに機転が利くため、その場その場で臨機応変に、相手が喜ぶ反応をとることができます。

双子座にとってはほとんど本能的、反射的な反応なので意識することすらないでしょうが、そんなことは誰にでもできるものではありません。
そんな双子座に、みんなが惹きつけられるのは当然です。
また、子供のようにピュアな好奇心を失わない双子座は、いつまでも若々しくチャーミングでいることができます。

月星座の魅力とは、その人が肩の力を抜いてリラックスしている時、ふと表れる雰囲気のようなもの。
人が他人と接するうえで、表面的に表れてくる傾向は、月星座より太陽星座の性質に大きな影響を受けます。
そのため、月星座としての双子座のこんな素晴らしい魅力には、あなた自身も気付いていないかもしれません。

私はそんなに社交的じゃないし、話し上手でもない…と思う人もいるかもしれません。
でも、月星座の魅力は成長と共にその人の奥深くに影をひそめることはあっても、消えてなくなってしまうことは決してないもの。
それは、あなたが自分自身に対する思い込みを捨てて、あなた自身でいることを受け入れた時、ふと意外にかたちで表れくるかもしれません。
ぜひゆったりとリラックスして、双子座の素晴らしい魅力を解放してあげてください。

双子座を月星座に持つ人が秘めている「才能と可能性」

頭の回転が速く、新しい価値を創造する力を秘める

知的好奇心に溢れた双子座は、頭の回転が速く、かつとてもクリエイティブな星座。
月星座に双子座を与えられた人の内側には、双子座のそんな素晴らしい能力が眠っています。

人が社会の中で生きていくうえで発揮する才能や傾向については、月星座より太陽星座の性質が表に出てくるのが一般的。
そのためあなた自身も、双子座の恵まれた才能を自覚していないかもしれません。
でも月星座の力は、太陽星座の傾向に押されて奥の方に隠れてしまうことはあっても、消えてなくなってしまうことはありません。
その力はあなたの中にずっと変わらず存在していて、意外な場面でふと顔を見せてくれます。

双子座は何にでも興味を抱き、いつもあらゆることを知りたい、理解したい、そしてそれを他の人に伝えたい…と望んでいます。
そのあくなき好奇心が、新し情報に対する敏感な感性、そして旺盛な知識欲につながるのです。
そして、仕入れた情報や習得した知識をみんなに伝えるための、並外れた言語能力もさずっているのが双子座。
会話によるコミュニケーション力はもちろん、文章を書くこと、読むことも得意です。

また双子座は、常に一つのことに執着せず、様々なことに興味を持つ器用さと、関心持ったものにはためらわず手を伸ばしてみる柔軟さの持ち主。
これが驚くほどの頭の回転の速さ、臨機応変に様々なことに対応できる機敏さと機転を生みます。

さらに双子座は、興味の赴くままに動き回って得た刺激や情報から、まったく新しいモノを作り出す造像的な才能も与えられています。
それぞれまったく別々に存在していたバラバラのものが、双子座に発見されてつなぎ合わされることで新しい価値を与えられて世界に送り出されることになるのです。
それは世界中を飛び回って、あらゆる物事を見聞きしている、柔軟で頭のよい双子座だから成し遂げられること。

双子座のこんな素晴らしい力は、好奇心のおもむくまま、自由に駆け回っていてこそ発揮されるもの。
双子座を月星座に授かった人は、そのみずみずしい好奇心にフタをせず、気ままに自分の関心を解放することで、双子座の豊かな能力をどんどん開花させることができるでしょう。

双子座を月星座に持つ人が「パートナーに求めるもの」

会話を通じて理解し合いたい。束縛されるのは苦手

双子座は言葉によるコミュニケーションを何より重視し、面白そうなモノを求めて自由に飛び回る星座。
双子座を月星座に授かった人は、恋人やパートナーなど、ごく身近な人との関係性を築くうえで、少なからず双子座のこんな性質に影響を受けるでしょう。

双子座にとって、「会話」を通じて相手を知ることを、自分を理解してもらうことは、コミュニケーションの根幹。
特にお互いが面白いと感じたこと、興味のあることを会話で伝え合い、お互い面白がれる…といったコミュニケーションがとても大きな意味を持ちます。

だから、一生懸命話しても自分の気持ちが伝わらない相手や、何を感じているのかを話してくれない無口な相手は苦手。
そういう言葉によるコミュニケーションの欠如は、双子座にとっては絶望的な断絶なのです。
他人の反応をほとんど本能的に読むことができる、コミュニケーション上手な双子座ですが、それはあくまで相手の口調や表情など、表面に表れてくるものを見ているからです。
目に見えない、人の「感情」を扱うのは決して得意ではありません。
「話さなくてもわかるだろう」といった態度を取る相手には、自分を完全に拒否されてしまったような苦しさを感じてしまいます。

また双子座は、いつでも興味を惹かれたものに身軽に飛びつけるよう、あくまで自由でいることを望む星座。
そのため、身動きがとれなくなってしまうほどべったりとした関係は好みません。
どれほど深く愛している相手でも、過剰に束縛されたり、行動を四六時中管理されたりすると、人一倍息苦しくなってしまいます。
濃密な関係を求める相手からは「冷たい」と思われることがあるかもしれませんが、そうではありません。
双子座にとっては愛の深さと、距離感の近さは別のものであるだけなのです。

もちろん、決して一人でいたいわけでもありません。 「双子」の片割れのように、自分を完全に理解してくれる相手が欲しい、とどこかで望んでもいるのが双子座。
自由で独立しながら、会話を通じてお互いにどんどん新しいことを発見できる。
そしてそんなコミュニケーションを通じて自分を理解し、支えてくれる相手…。
それこそ双子座の、理想のパートナー像です。

双子座を月星座に持つ人が「無意識のうちに陥りがちなトラブル」

一つのことが長続きせず、気分が変わりやすい

あらゆることに興味を持つ、柔軟で機敏な双子座。
月星座が双子座の人は、その素晴らしい力を知ることで、人生の可能性をどんどん切り拓いていくことができます。
でもどんな力も、使い方を誤れば困った事態を引き起こします。 双子座の力も同じ。

そして月星座の力は、無意識のうちに働くものです。
あなたに与えられた双子座という星座の力が、どんな風に作用するものなのかを知らずにいると、無自覚のうちにその力に振り回され、似たようなトラブルに繰り返し直面することにもなりかねません。

双子座は、常に新しいものを発見し続けるという使命を担った星座です。
だからいつも好奇心のアンテナを全開にして、何か面白そうなものはないか、あちこち見渡しています。
そして興味を惹くものがあれば、それまでの状況に執着せず、身軽にそちらへ飛び移ることができます。
これこそ双子座の旺盛な学習欲、さらに柔軟さやフットワークの軽さといった素晴らしい力の根源。

ただその力が過剰になると、現実生活では困った状況が起こることもあります。
一つのことが長続きしない、色々なことが気になって集中力がない、何でもすぐに手をつけてみるけれど、深く掘り下げずに終わってしまう…。
つまり何でも「広く浅く」になってしまう、そんな傾向に思い当るふしがあれば、それはあなたの月星座である双子座の力が、無意識のうちに働いているからかもしれません。

また、人から「気分屋さん」、「言う事がその時によって違う」…などと思われてしまこともあるかもしれません。
これも双子座の柔軟さ、そして臨機応変に場の雰囲気を読み、素早く反応できてしまう能力が働きすぎることによって起こる事態です。
その場その場で、相手が望む反応を瞬間的に察知し、人を喜ばせるための反応を反射的にとってしまうため、行動や言動に一貫性がなくなることがあるのです。

もし、あなたがいつの間にかこういう事態に陥ることがあれば、そこに作用している双子座の力に気付かないまま、引きずり回されないことが大切です。
あなたの中で双子座のこんな力が働いていることに気が付けば、その力を上手にコントロールすることもできるようになるでしょう。

あなたの「太陽星座」が持つ意味も調べてみましょう

あなたの内面、持って生まれたものを表す「月星座」に対して 社会の中で発揮される傾向や能力を表すのが、星占いでお馴染みの「太陽星座」。
でも、あなたの太陽星座がどんな意味を持っていて、 あなたの価値観や人生、人間関係にどう影響しているか意識したことがありますか?
月星座と併せて、あなたの太陽得星座についても詳しく見てみましょう。

ページのトップに戻る