「太陽星座」が「蠍座」のあなたは…

蠍座

蠍座という星座を、太陽星座に与えられたことの意味を知っていますか?

蠍座は、12星座の中でも屈指の集中力とコミットメント力を誇り、優しさと繊細さに恵まれた星座です。
その蠍座を「太陽星座」に与えられたということが、あなたの人生にどんな影響を与えるか知っていますか?
一般的な星占いでおなじみの「星座」は正確には「太陽星座」と呼ばれます。
「太陽星座」は文字通り、あなたが生まれた時に「太陽」が位置していた星座。
そして太陽星座が表すのは、その人が「外」に向かって発揮するもの。
つまり、他人や社会との関りの中でどんな才能や個性、傾向を表し、何を大切に生きようとするのか、といったことです。
社会の中で生きる大人にとって、この太陽星座の傾向は最も目立ち、大きなウェイトを占めるもの。
蠍座を太陽星座に持つ人は、他人との関りや仕事、そして自分の人生を豊かに生きようとするなかで、 蠍座という星座の性質が前面に表れてくることが多いのです。
自分の性格や才能、さらに短所や欠点だと思っているものも、 蠍座という太陽星座の性質に影響されているかもしれません。
その性質、力がどんなものなのかを客観的に理解すれば、 あなたの魅力をもっと豊かに花開かせ、陥りがちなトラブルにうまく対処できるようになるはず。
さっそく蠍座という太陽星座の力と、その豊かな魅力を紐解いていきましょう。

「月星座」が蠍座の方はこちらをチェック!

「蠍座」という太陽星座を読み解く、6つのポイント

蠍座が持つ「テーマと使命」

物事の内側に深く入り込んで、隠された「本質」を見極める

世界の奥深くにある「本質」を見極めること。
これが蠍座に与えられた最も大事なテーマであり、使命です。
そして物事の本質にたどり着くためには、何でも広く浅く触れてみるのではなく、一つの対象の中に自ら深く深く入り込んでいかなければいけません。
蝋の中にあるキャンドルの芯に辿りつくには、蝋を火で溶かしてしまうか、自分自身が蝋でできたキャンドルの本体に入り込む、つまり一体化する必要があります。
キャンドルの表面を撫でているだけでは、いつまでたっても自分とキャンドルの境界を突破できず、芯に触れることもできません。 このように何かと一体化することでその本質に触れるのが、蠍座という星座です。
そして、物事の本質をどこまでも突き詰めた時、最終的に浮かび上がってくる究極のテーマが「生と死」。
私たちのすべての営みは「生」あってのものだし、その「生」は他の生き物の命を取り込むこと、つまり「死」なしには成立しません。
そしてその先にはまた新たな生、つまり「再生」があります。
死を単に恐ろしいもの、避けるべきもとしてではなく、生と切り離せない存在として見つめられるからこそ、蠍座は生きることに対してとても真剣で、少々のことに動じない強さを持っているのです。


あなたに与えられた「蠍座」という星座の力は、様々な場面であなたに作用します。

この蠍座という星座を太陽星座に与えられた人は、蠍座の「本質を見極める」「何かに深く入り込んで一体化しようとする」 「死と再生を見つめる」といった性質を自分の中に持ち合わせていて、 少なからずその影響を受けることになります。
そしてこれは蠍座に限ったことではありませんが、どんな星座の性質も、それ自体に「良い・悪い」や「優劣」はありません。
ただ、それぞれの星座の性質が場合によって良い方向に働くこともあれば、困った状況を作り出してしまうこともあるのは事実です。
それは例えば、「水」が私たちの命と生活に欠かせない物質であると同時に、 場合によってはそのエネルギーが人の命を奪い、生活を破壊することもあるのと同じ。
でも、水の力と性質を知っていれば、それをある程度コントロールすることも可能になります。
あなたが生まれた瞬間に与えられた、蟹座という星座の力も同じなのです。
自分が与えられているもの、それがどんなパワーを持っていて、どんな性質、傾向のものなのかを理解していれば、 その力を様々な場面で、最大限に活かすことができます。
逆に無自覚なままに、蟹座の力と性質に引きずり回されて困った状況に陥ってしまうのも避けられるでしょう。
蠍座という星座の、他の人が見ようとしないものを見る力と強さが、 あなたの人生にどんな作用を及ぼしているのか、具体的に見ていきましょう。

蠍座を太陽星座に持つ人が「人生に求めるもの」

何かと徹底して深く関わることで、自分自身が成長する

何かに集中して深く入り込むこと、そしてその本質に触れること。
蠍座を太陽星座に与えられた人が生きるうえで、この二つの要素は無視することができないものです。
どんなにたくさんの友達に囲まれたとしても、社会的な地位を手にしたとしても、それだけで蠍座の心が満たされることはないでしょう。
自分の生の究極の本質に死があることを知っている蠍座にとって、一時的に楽しいだけの関係や、限られた社会の中でしか意味を持たない地位といったものは信じるに足らないのです。
そういう表面的なもの価値は、自分の死後まで残るものではありません。
だからこそ蠍座は、もっと本質的な価値を真剣に見極めようとします。

自分とは別の存在と表面的に付き合うのではなく、自分がその存在と溶け合ってしまうまでに深く入り込むという経験を通じて、実は蠍座は「死を超えた再生」を体験しようとしています。
それは例えば、一粒の麦というとても小さな穀物が、他の穀物や酵素と時間をかけて混じり合い、一体化することで香り豊かなウイスキーに生まれ変わるのと同じ。
ウイスキーになったしまった麦は二度と元の姿に戻ることはできないけれど、一粒の麦としては絶対になり得なかった、もっと芳醇な存在として新たな命を得ています。
もし今の姿でいることに執着して、他の原料と深く混じり合うことを拒んでいれば、いつまでも一粒の麦のままで朽ちていくだけだったでしょう。

蠍座が人生に求めることも同じです。
他人との付き合いであれ、仕事であれ趣味であれ、自分がその対象を知る前とはすっかり変容してしまうほど深く関わることで、生き物が避けて通れない「死」の先にある「再生」を確認しようとするのが蠍座です。
だから、蠍座という星座を太陽星座に与えられた人は、何でも広く浅く器用にこなそうとするよりも、腰を据えてじっくり関わることが大切になってきます。

それは素晴らしい信頼関係や、他の人が成し得ない成果を人生にもたらしてくれるはず。
一般的に「死と再生」というキーワードで語られる蠍座ですが、それは蠍座が死を司る、死神のような恐ろしい星座ということではないのです。

蠍座を太陽星座に持つ人が周囲を惹きつける「魅力」

なぜか惹き付けられてしまう、不思議な存在感と魅力

蠍座を太陽星座に与えられた人は、不思議な存在感と魅力の持ち主。
その魅力は単純に言葉で言い表せるものではなく、「なぜかわからないけれど惹き付けられてしまう」というタイプのものです。
派手に、華やかに自分の存在をアピールしなくても、なぜか人目を惹いてしまう、無視できない存在感。そしてその魅力の正体が知りたくて近づいてみても、決して解き明かすことができない…。
その魅力は、他の人が努力したからといって身に着けられるようなものではなく、あなただけに備わった「引力」のようなもの。
そのミステリアスで魅惑的な吸引力には、男女問わず多くの人が思わず惹き付けられてしまいます。

そしてその魅力は恐らく、底が見えないほど深い湖のような、蠍座の人間性の深さとスケールの大きさから生まれるものでしょう。
みんなが見てるような物事の表層ではなく、その奥深くにある本質を見極めようとする蠍座は、他の人が意識を向けようとしないものを感知したり、言葉を超えて存在する感情やエネルギーを感じることができます。
そしてそれらを自分の中にある深く豊かな湖の奥底に閉じこめているのです。
その内面の複雑さと豊かさ、薄っぺらな通念に迎合しないセンスが、いわく言い難い魅力として表れるのでしょう。

そしてまた表面的なことに一喜一憂しない蠍座は、人に信頼感や安心感を与えます。
それはもちろん、単に印象だけのことではありません。
深く濃密な関係性を重視する蠍座は実際にとても誠実で、誰よりも信頼できる人物で、小さなことでも決して恩を忘れません。
また蠍という毒を持った冷血動物のイメージとは裏腹に、蠍座はとても深い愛情と繊細な感受性の持ち主なのです。
生に対して真剣な蠍座は、自分が限られた人生の中で関わる人を深く愛そうとするからです。

蠍座は積極的に自分の存在や魅力をアピールするタイプではありませんが、周囲の人はその無視しがたい魅力に必ず気付き、惹きつけられてしまいます。

蠍座を太陽星座に持つ人が発揮する「才能」

人を驚かせるほどの鋭い洞察力と直感、やり抜く力

蠍座は、他の星座にはない特別な力を持った星座。 どの星座もそれぞれ固有の力を持っていますが、蠍座の力は単純に言葉で表せない、何か不思議なものであり、そのため時に恐れられることも…。 蠍座がそんな、一見「不思議」な力を持つのは、表面的に目に見えるものではなく、もっと本質的なものを見ているから。

世界には目に見えないもの、実証できないもの、言葉で説明できないものが確かに存在しています。
私たちは自分の「命」すら目で見ることができないし、それが具体的に何なのかを説明することもできないのです。
でもほとんどの人は、そういう「よくわからないもの」から何となく目をそらして日常を生きています。
一方蠍座は、その「よくわからないもの」を特別視することなく、当たり前の存在として受け入れて生きます。
つまり蠍座の不思議な力とは、何か得体のしれないおぞましいものではなく、他の人が存在を知りながらも目をそらしている世界と向き合うことによって、そちら側の世界からのメッセージを受け取ることができるためのものと言えるでしょう。

太陽星座に蠍座を授かった人は、蠍座のこんな特別な力を与えられています。
それは時に「霊感?」と恐れられるほどのカンや、鋭い洞察力となって表れ、他の人達を驚かせることがあります。
蠍座の力を授かったあなたにとっては当たり前のことなので「なぜみんな、こんな事がわからないのだろう」といら立つこともあるかもしれません。
でもそれは、人の心の動きや、「運」のような何らかのエネルギーの流れといった、目に見えないものを感知できる蠍座特有の能力なのです。

また生に対して真剣で、一つのことに徹底してのめりこむ蠍座は、これと決めたことは何があろうとやり抜く強さとエネルギーを持っています。
障害があるとか、何かが足りなとか言い訳して逃げ出したりはしません。
蠍座のこの力が発揮されれば、仕事であれ趣味であれ、あっという間に他の人に差をつけてスペシャリストになることができるでしょう。

また人への影響力の大きさも蠍座に与えられた特別な力の一つ。
人の心に深く入り込めるうえ、不思議な存在感と吸引力を持つ蠍座。しかも誠実で、任された仕事は必ずやり遂げてしまいます。 また、物事の中心を的確に射て鋭く指摘することができるので、「この人は正しい、なんか他の人と違う」と周りに思わせる説得力も持ち合わせています。
そんな蠍座は、カリスマ的な「何か」を持った人物として人を惹きつけるのです。 を。

蠍座を太陽星座に持つ人が求める「人間関係」

深くつながる関係を、腰を据えてじっくり築きたい

蠍座は、特定の相手と深く関わり、自分と相手の境界がなくなって一体となるような体験を求める星座。
この蠍座を太陽星座に与えられたあなたは、対人関係において少なからずこの傾向に影響されるでしょう。
「広く浅く」の人間関係は蠍座にとっては負担になります。
出会った人達とはじっくり付き合って相手のことを深く知りたいのに、その対象が多すぎてはどうしていいかわからなくなってしまうのです。
器用に振る舞おうとしても、薄っぺらな関係性をどんなに広げてみたところで、むしろどんどん不安になってしまうだけ。

それならば「徹底的に付き合う」か「一切関わらない」かのどちらかにした方がいい、というのが蠍座の人間関係です。
だから蠍座を太陽星座に持つ人は、人を惹きつけてやまない魅力の持ち主ながら、本人が「友達」と呼べる人物はごく限られてくることが多いでしょう。
ましてもっと深い関係を築く必要がある恋人となれば、「徹底的に付き合う」ことを許される人物はかなり少なくなります。
一般的に「丸ごと手に入らないのなら、一切いらない」というオールオアナッシングの極端さが強調されることの多い蠍座の傾向は、こういうところから来ています。

そして蠍座は、そうやって友達や恋人に選んだ一部の人のことは、すべて受け入れようとします。
他人がその相手のことをどう評価するか、どんな人だと言っているか、といったことは気になりません。
相手の奥深いところに入り込んで、その人の表と裏、明と暗、すべてを見通すことができる蠍座にとって、誰かと親しくなるということはそういうものを丸ごと受け入れるということ。
それだけの懐の深さと優しさも持っています。

そして自分もまた、完全に相手から受け入れられることを望みます。
オールオアナッシングの蠍座は「決して自分を見せない」か「完全にさらけ出す」、その両極のどちらかをとることが多く、中間で要領よくバランスをとるということはあまりありません。
また一度深く関わった人たちとは、継続的で安定した関係を望みます。

そして蠍座は、親友や恋人に対してとても誠実に接します。
そもそも自分と相手との境界がなくなってしまっているので、驚くほど相手の親身になることができるのです。
また生きることに対しての真剣さがあるので、自分が関わると決めた人は一生懸命愛する、というのが蠍座です。

蠍座を太陽星座に持つ人が抱えている「不安」

自分の一部である、大切なものを失うことへの恐れ

タフでクールな印象を与える蠍座ですが、実は内面はとてもデリケートで繊細。 簡単に自分の内面を外にさらけ出すことを恐れているため、自分の感情や気持ちといった傷つきやすいものを表に出さないようにしているだけです。

蠍座が自分の内面を他人にさらけ出すということは、自分がその相手の内面に深く入り込み、お互いに内面をむき出しのままで混じり合うということ。
それは自分と相手の境界がなくなって一体になるという至福を蠍座に与えてくれますが、同時に自分という存在を危うくするとても危険なことでもあります。

それまで確かに自分の内側に存在していたもの、それが自分だと思っていたものが完全に形を変えてしまう…。
誰にとっても何より大切な「自分」という存在を危険にさらす、蠍座が自分をさらけ出すということはそれくらい怖いことなのです。
蠍座という素晴らしい星座の力を太陽星座に授かったあなたは、同時にこんな不安も感じ続けているかもしれません。

それでも蠍座は自分以外のものと一体となる体験を何よりも求めます。
それは有限の生、つまり今の自分をあえて一度終わらせ、新しい形で生まれ変わるため。
その体験を通じて蠍座は、自らの生が避けることができない「死」というプロセス、そしてその先にある「再生」を確認することができます。
その体験ができる対象がない限り、蠍座は自分の生の深層に必ず死を見つめ続けなければならず、その先にある再生にたどり着くことができません。
だから夢中になって没頭できるもの、心から信頼して関係を築ける相手がいることが、蠍座の心を満たすために不可欠なのです。

そしてその対象を見つけた後でも、蠍座の不安が完全に払拭されるわけではありません。
自分の一部であるものが、いつが自分を裏切って勝手に自分から離れしまったらどうしよう…。これも蠍座にとって、自らの存在を脅かすほどの不安です。
相手と一体化する前の古い自分は元の姿を失ってしまっているし、相手と一体化することで得た新しい自分は相手なしには成立しない…。それは想像するだけでも恐ろしいこと。

特に自分の意志だけでコントロールできない対人関係においては、この不安が顔を出しやすい傾向が。
蠍座が決して裏切りを許さない、独占欲が強い、などと言われるのは、こんな深刻な不安と懸命に戦いながら生きているからなのです。

あなたの「月星座」が持つ意味も調べてみましょう

実は蟹座という太陽星座が表しているのは、あなたという複雑で豊かな存在のごく一面でしかありません。
あなたをもっと深く理解するためのカギとなるのが、太陽と対をなす存在である「月」。
生まれた瞬間に、月が位置していた星座=「月星座」は、その人が持って生まれた性格や心の奥底にある本当の欲求などを表すと言われています。

ページのトップに戻る