「月星座」が「蠍座」のあなたは…

蠍座

あなたの月星座、蠍座がどんな意味を持つか知っていますか?

蠍座は、12星座の中でも屈指の愛情深さ、豊かな感情と繊細な感受性に恵まれた星座です。
その蠍座を「太陽星座」に与えられたということが、あなたの人生にどんな影響を与えるか知っていますか?
一般的な星占いでおなじみの「星座」は正確には「太陽星座」と呼ばれます。
「太陽星座」は文字通り、あなたが生まれた時に「太陽」が位置していた星座。
そして太陽星座が表すのは、その人が「外」に向かって発揮するもの。
つまり、他人や社会との関りの中でどんな才能や個性、傾向を表し、 何を大切に生きようとするのか、といったことです。
社会の中で生きる大人にとって、この太陽星座の傾向は最も目立ち、大きなウェイトを占めるもの。
蠍座を太陽星座に持つ人は、他人との関りや仕事、そして自分の人生を豊かに生きようとするなかで、 蠍座という星座の性質が前面に表れてくることが多いのです。
自分の性格や才能、さらに短所や欠点だと思っているものも、 蠍座という太陽星座の性質に影響されているかもしれません。
その性質、力がどんなものなのかを客観的に理解すれば、 あなたの魅力をもっと豊かに花開かせ、陥りがちなトラブルにうまく対処できるようになるはず。
さっそく蠍座という太陽星座の力と豊かな魅力を紐解いていきましょう。

「太陽星座」が蠍座の方はこちらをチェック!

「蠍座」という月星座を読み解く、6つのポイント

蠍座が持つ「テーマと使命」

物事の内側に深く入り込んで、隠された「本質」を見極める

世界の奥深くにある「本質」を見極めること。
これが蠍座に与えられた最も大事なテーマであり、使命です。
そして物事の本質にたどり着くためには、何でも広く浅く触れてみるのではなく、一つの対象の中に自ら深く深く入り込んでいかなければいけません。
蝋の中にあるキャンドルの芯に辿りつくには、蝋を火で溶かしてしまうか、自分自身が蝋でできたキャンドルの本体に入り込む、つまり一体化する必要があります。
キャンドルの表面を撫でているだけでは、いつまでたっても自分とキャンドルの境界を突破できず、芯に触れることもできません。 このように何かと一体化することでその本質に触れるのが、蠍座という星座です。
そして、物事の本質をどこまでも突き詰めた時、最終的に浮かび上がってくる究極のテーマが「生と死」。
私たちのすべての営みは「生」あってのものだし、その「生」は他の生き物の命を取り込むこと、つまり「死」なしには成立しません。
そしてその先にはまた新たな生、つまり「再生」があります。
死を単に恐ろしいもの、避けるべきもとしてではなく、生と切り離せない存在として見つめられるからこそ、蠍座は生きることに対してとても真剣で、少々のことに動じない強さを持っているのです。


あなたに与えられた「蠍座」という星座の力は、様々な場面であなたに作用します。

この蠍座という星座を太陽星座に与えられた人は、蠍座の「本質を見極める」「何かに深く入り込んで一体化しようとする」 「死と再生を見つめる」といった性質を自分の中に持ち合わせていて、 少なからずその影響を受けることになります。
そしてこれは蠍座に限ったことではありませんが、どんな星座の性質も、それ自体に「良い・悪い」や「優劣」はありません。
ただ、それぞれの星座の性質が場合によって良い方向に働くこともあれば、困った状況を作り出してしまうこともあるのは事実です。
それは例えば、「水」が私たちの命と生活に欠かせない物質であると同時に、 場合によってはそのエネルギーが人の命を奪い、生活を破壊することもあるのと同じ。
でも、水の力と性質を知っていれば、それをある程度コントロールすることも可能になります。
あなたが生まれた瞬間に与えられた、蟹座という星座の力も同じなのです。
自分が与えられているもの、それがどんなパワーを持っていて、どんな性質、傾向のものなのかを理解していれば、 その力を様々な場面で、最大限に活かすことができます。
逆に無自覚なままに、蟹座の力と性質に引きずり回されて困った状況に陥ってしまうのも避けられるでしょう。
蠍座という星座の、他の人が見ようとしないものを見る力と強さが、 あなたの人生にどんな作用を及ぼしているのか、具体的に見ていきましょう。

蠍座を月星座の持つ人の心の奥深くにある「本当の望み」

何かに深く集中したい、一つのことを極めたい。

蠍座は、何かに深く入り込んでその対象と一体化しようとする星座。
その蠍座を月星座に与えられた人は、心の奥底に「何かに集中して徹底的に取り組みたい」「誰かと心の深いところでつながりたい」という思いを秘めているはず。

だからたとえ太陽星座が、双子座のようにあらゆることに興味を持つ星座や、水瓶座のように常に新しい関係を求める星座であっても、新しいことに挑戦し続けたり、どんどん人間関係を広げていくことに時々疲れてしまうこともあるでしょう。

蠍座が何かと一体化しようとするのは、有限の生、つまり今の自分をあえて一度終わらせ、新しい形で生まれ変わるため。
その体験を通じて蠍座は、自らの生が避けることができない「死」というプロセス、そしてその先にある「再生」を確認することができるのです。
その体験ができる対象がない限り、蠍座は自分の生の深層に必ず死を見つめ続けなければならず、その先にある再生にたどり着くことができません。

そのため蠍座を月星座に持つ人は、器用に何でもソツなくこなし、誰とでもすぐに打ち解けるタイプではありません。
ただ、太陽星座が天秤座のようにバランスを重視する社交的な星座の場合、社会にもまれて成長するうちに、太陽星座の傾向の方が強まり、蠍座のこういった傾向は本人にも知覚しづらくなることも多いでしょう。

でもだからといって、蠍座という星座の力があなたの中から完全に消えてしまったわけではありません。

あなたが色んなことに興味を持って、次々新しことを味わってみようとワクワクしている時、たくさんの人と触れ合って自分の世界を広げようとしている時、なぜかふと抵抗や不安や感じたら、それはあなたの中に存在している蠍座が別のモノを求めてるからかもしれません。

だからその抵抗や不安を悪い予兆のように捉えて「やっぱりやめておいた方がいいかも…」と後ろ向きになる必要はないのです。

だからといって、あなたの中で何かを求めている蠍座の要求を無視して抑えつけてしまうのも得策とは言えません。
そうやって無理に抑え込んでしまっても、蠍座の要求はまた別の場面、別の形で顔を出すだけだからです。

だから無理に抑圧してしまうのではなく、まずはあなたの中にある蠍座の存在そのもの、そしてその要求を認めてあげること。

そして「今はたくさんのことに挑戦しているけど、次は何かに集中してじっくり取り組んでみるね」と安心させてあげてください。 それが、あなたの中に存在する、内なる蟹座と上手に付き合う方法です。

蠍座を月星座に持つ人からにじみ出る「魅力」

無視しがたい、ミステリアスな雰囲気と引力

蠍座は、不思議な存在感と無視できない魅力に満ちた星座。
その蠍座を月星座に与えられた人は「なぜかわからないけれど惹き付けられてしまう」といったタイプの不思議な、そしてあらがい難い魅力が備わっています。

その魅力の正体が知りたくて近づいてみても、決して解き明かすことができない…、だからますます気になってしまう、そんなミステリアスな魅力がにじみ出てしまうのです。

そしてこの魅力は、意識的に努力したからといって身につけられるものではなく、むしろあなたが自然体でリラックスしている時に発揮されるもの。
他の星座がうらやんでも手に入れることができない、蠍座だけに備わった「引力」のような魅力です。

この魅力は恐らく、底が見えないほど深い湖のような、蠍座の人間性の深さとスケールの大きさから生まれるもの。
みんなが見てるような物事の表層ではなく、その奥深くにある本質を見極めようとする蠍座は、他の人が意識を向けようとしないものを感知したり、言葉を超えて存在する感情やエネルギーを感じることができます。

そしてそれらを自分の中にある深く豊かな湖の奥底に閉じこめているのです。
その内面の複雑さと豊かさ、薄っぺらな通念に迎合しないセンスが、いわく言い難い魅力として表れるのでしょう。

そしてまた、表面的なことに一喜一憂しない蠍座は、人に信頼感や安心感を与えます。
それはもちろん、単に印象だけのことではありません。
深く濃密な関係性を重視する蠍座は実際にとても誠実で、誰よりも信頼できる人物で、小さなことでも決して恩を忘れません。

また蠍という毒を持った冷血動物のイメージとは裏腹に、蠍座はとても深い愛情と繊細な感受性の持ち主。
生に対して真剣な蠍座は、自分が限られた人生の中で関わる人を深く愛そうとするからです。

そしてこれもあなたが自然体でいる時に、無意識のうちに発揮できる魅力。
蠍座は積極的に自分の魅力をアピールするタイプではありませんが、そんなことをしなくても、周りの人が無視できないほどの魅力が本来備わっているのです。
ゆったりとリラックスして、その魅力を解放してあげてください。

蠍座を月星座に持つ人が秘めている「才能と可能性」

物事の本質を見抜く鋭い視線と、ずば抜けた集中力

目に見えない物事の「本質」を見抜くことができる蠍座。 その力は時に「霊感?」でと恐れられるのカンや、鋭い洞察力となって表れ、他の人達を驚かせることがあります。

その力は何か不思議なものとして恐れられることすらありますが、決して得体の知れない不気味な力などではありません。
人の心の動きや、「運」のような何らかのエネルギーの流れといった、目に見えないものを感知できる蠍座の力が表れているだけです。

ただ、そういう「目に見えないもの」を見つめることに慣れていない他の星座の目には、それは驚くべきものに映ります。

また一つのことに徹底してのめりこむ蠍座は、これと決めたことは何があろうとやり抜く強さとエネルギーを持っています。
障害があるとか、何かが足りなとか言い訳して逃げ出したりはしません。

「仕事」や「自己実現」など、社会の中で生きていくうえでの傾向は、月星座より太陽星座の力が前面に出てくるのが一般的です。
そのため月星座としての蠍座のこのような力は、あまり目立たず、その力にあなた自身も気付いていないかもしれません。

でもそれは、あなたの中に間違いなく存在しています。
その力は、あなたがすべてを自分でコントロールしようと必死になっている時よりも、力を抜いてゆったりとリラックスしている時にふと表れてくるかもしれません。

そして「死と再生」をテーマに持つ蠍座は、危機を乗り越える度に大きく成長する可能性を秘めた星座。

「ピンチはチャンス」と言いますが、ピンチをチャンスに変えるには、ピンチから逃げ出さず、正面から向き合う覚悟が必要です。
「死」というピンチにあえて飛び込み、古い自分を捨てて「再生」する蠍座には当然、その覚悟と度胸がもともと備わっています。

誰でも人生の中で何度か試練や危機に遭遇するもの。
月星座に蠍座を与えられた人は、その試練や危機をとてつもない変化と成長のチャンスに変える力を授かっているのです。

他の人なら逃げだしてしまったり、何とかピンチを乗り越えるだけで精一杯のところを、蠍座の力を授かったあなたはそのピンチと本気で向き合うことで、それまでとは別人かと思われるほど大きく成長することができます。

蠍座という月星座を与えられた人は、こんな素晴らしい可能性を内に秘めているのです。

蠍座を月星座に持つ人が「パートナーに求めるもの」

完全に一体になれるような、濃密で絶対的な関係

蠍座のテーマは、自分と相手の境界がなくなって一体となってしまうほど誰かと深く関わることで、新たな自分に生まれ変わること。
月星座に蠍座を与えられた人は、恋人やパートナーとの関係を築くうえで、少なからずこの蟹座の性質に影響される傾向があります。

常に物事の本質を見抜いてしまい、生きることの本質に必ず「死」を見出してしまう蠍座は、心の内側にとても深い孤独を抱えています。
その孤独を癒すためにも、相手と一体となれるほどの深く濃密、そして絶対的な関係を心から渇望するのです。

恋愛や結婚はまさに蠍座にとってその絶対的な関係を体現するもの。
パートナーと心の底からつながれるような信頼関係、完全な心のつながりがなければ蠍座は決して心の平安を得ることはできません。

そしてその相手と一つになることは、蠍座に心からの満足と至福を与えてくれる一方、とても危険なことでもあります。

自分が何かと溶け合って一つになってしまうということは、それまで確かに存在していた「自分」というものが形をかえ、消滅してしまうということ。
シチューの中に投げ込まれたバターはシチューに溶け込み、もうもとのバターの姿に戻ることはできないのと同じです。

誰にとっても何より大切な「自分」という存在を危険にさらす、そんな恐ろしいことを試みる相手が誰でもいいわけはありません。
だから蠍座は誰にでも簡単に自分をさらけ出したりはしません。

でも一度さらけ出してしまうと、つまり相手と一体になってしまうと、もはやそこには「自分」と「相手」という区別はないのですから、誰にもできないくらい相手に対して愛情深く、親身になって愛することができます。

またこの危険な「賭け」には相当の、命がけといってもいいほどの覚悟が必要です。
だから蠍座は、恋人やパートナーにも同じくらいの覚悟と愛情の深さを求める傾向があります。
蠍座は嫉妬深い、独占欲が強いなどと言われるのは、この真剣さからくるもの。

でもなんと言われようと、相手も自分と同じくらいの真剣さでいてくれなければ、蠍座自身の身が危ういのです。
一度自分と一体となってしまった相手が、勝手にそこから抜け出してしまっては困ります。
相手と一体化する前の古い自分は元の姿を失ってしまっているし、相手と一体化することで得た新しい自分は相手なしには成立しない…。

だからこそ蠍座は、大切なパートナーが絶対的に自分とつながっていてくれることを求めます。

蠍座を月星座に持つ人が「無意識のうちに陥りがちなトラブル」

手放すことへの恐れ、感情を溜め込んでしまう傾向

蠍座は、死を超えて再生するという素晴らしい力を持った星座です。
しかし死を超えていくためには、常に一体となれる何かが必要。
そしてその切実な欲求が、蠍座の心の奥に深い孤独を生み出しがちなのも事実です。

また、せっかく何かと一体化して新しい自分を手に入れることができても、その新しい自分は一体化した「何か」無しには成立し得ない…という事実も、蠍座の心に不安を与えます。
もしその「何か」を失ってしまったら、自分は元の姿に戻ることもできず、せっかく手に入れた新しい自分としても成立しなくなってしまう…。

こんな蠍座の不安から、蠍座を月星座に持つ人は一度自分の内側に取り込んだものを手放すのを恐れる傾向があります。
その傾向は例えば、自分の感情を内側に閉じ込めてうまく表現できない、といった形で表れることも。

蠍座が一見クールに見えるのはこのせいなのです。
でも蠍座は、本来とても繊細な星座。
あまりに感情や想いを閉じ込め過ぎると、限界を超えて爆発してしまうこともあります。

もともと「死」を見据えた真剣な生き方をしている蠍座だけに、一度コントロールが振り切れてしまうと自暴自棄に陥ってしまいがちです。

また同じ恐れが、自分で明らかに不要だと思っているものをなかなか手放せない、という形で表れることもあります。

例えば「もうこの人と一緒にいてはダメだ、別れよう」と頭では思っていながらもズルズルと関係を続けてしまったり、新しい環境に飛び込もうと思っていながらいつまでも今の環境から離れられなかったり…。
あるいはいらないモノをなかなか捨てられない、ついついため込んでしまったり。

月星座の力は無意識のうちに働くもの。 いつの間にかこんなトラブルを経験していたとしたら、それはあなたの月星座である蠍座の力によるものかもしれません。

だから「私ってなんてダメなの…」と自分を責めて落ち込む必要はありません。
蠍座の力は、あなたをこんなトラブルに引きずり込むこともあれば、一方で素晴らしい能力や魅力を与えてくれもします。

力を使いこなすには、その力がどんなものなのかを知る必要があります。
何より大切なのは、無自覚なままその力に振り回されないこと。

そのためにはまず、あなたの内側に存在している蠍座の存在を意識し、認めてあげてください。
そしてその力と自分が陥っている状況を客観的に見つめられれば、蠍座の力が暴発することもくなるでしょう。

あなたの「太陽星座」が持つ意味も調べてみましょう

ページのトップに戻る