「月星座」が「魚座」のあなたは…

魚座

あなたの月星座、魚座がどんな意味を持つか知っていますか?

魚座は、12星座の中でも指折りの優しさと強い感受性、豊かな感性に恵まれた星座です。
その魚座を「月星座」に与えられたということが、あなたの人生にどんな影響を与えるか知っていますか?
「月星座」は一般的な星占いでおなじみの「星座」、つまり「太陽星座」とは別のものです。
月陽星座が表すのは、その人が「内側」に本来持って生まれたもの。
例えば、社会の中で自分を積極的に表現しようとする時には姿を隠しているけれど、本当はあなの心の奥底にある欲求。
努力して身につけなくても、本来あなたの中に備わっている能力や魅力。
そしてあなた自身も気付いていないかもしれない、秘めた可能性…。
月星座はこういったものを教えてくれます。
自分の性格や才能、さらに短所や欠点だと思っているものも、 魚座という月星座の性質に影響されているかもしれません。
その性質、力がどんなものなのかを客観的に理解すれば、 あなたの魅力をもっと豊かに花開かせ、陥りがちなトラブルにうまく対処できるようになるはず。
さっそく魚座という月星座の秘められた力と、豊かな魅力を紐解いていきましょう。

「太陽星座」が魚座の方はこちらをチェック!

「魚座」という月星座を読み解く、6つのポイント

魚座が持つ「テーマと使命」

小さな個人という存在を超えて、「全体」とつながろうとする

「自分」と「外の世界」にある境界線を消滅させ、世界と同化してしまうこと。
そして「自分とはこういうモノ」という固定観念から完全に解放されること。
これが魚座に与えられた最も大切なテーマであり、使命です。
魚座は12星座の最後、終わりに位置する星座。
人はこの世に生まれ、さまざまな経験を通じて成長し、死を迎えます。
「死」という個人の「終わり」は誰にとっても避けられないものですが、それは新たな生命の始まりにつながるものとも考えられます。
12星座のサイクルを締めくくり、牡羊座からまた新たに始まるサイクルにバトンを渡す使命を持った魚座は、個人という小さな存在の死を超え、もっと大きな存在へと立ち返ろうとする方向性を持っています。
そんな魚座の性質は、霧や雲のように空気中を自由に漂う、無限に小さな粒子の集まりに象徴されます。
それは一か所にとどまらず、形もとどめず、人間たちが引いたあらゆる境界線を何のこだわりもなく超えていく存在です。
「自分」と「他者」という区別すら持ちません。
雲のように一つの形を作る瞬間もあれば、空気中に霧散して見えなくなってしまうこともある、でも確かに存在し続けている…。
もしかすると、私たちが後生大事に守っている自分の「生命」というものも、この霧や雲のように、絶えず形を変えながら存在し続けているものの、ほんの一瞬の姿なのかもしれません。
魚座はそれを私たちに思い出させようとする星座なのです。


「魚座」という月星座の力は、あなたの心の奥底に確実に存在しています。

この魚座という星座を月星座に与えられたあなたは、魚座の「境界線を越える」「何ごとにもとらわれず、自由でいる」 といった性質を自らの奥深くに持ち合わせています。
月星座の性質は太陽星座と違って表からは分かりにくいかもしれませんが、あなたの本音や秘めた想い、可能性として様々な場面でその力を働かせます。
そして、どんな星座の性質も、それ自体に「良い・悪い」や「優劣」はありません。
ただ、それぞれの星座の性質が場合によって良い方向に働くこともあれば、 困った状況を作り出してしまうこともあるのは事実です。
それは例えば、「水」が私たちの命と生活に欠かせない物質であると同時に、 場合によってはそのエネルギーが人の命を奪い、生活を破壊することもあるのと同じ。
でも、水の力と性質を知っていれば、それをある程度コントロールすることも可能になります。
あなたが生まれた瞬間に与えられた、魚座という星座の力も同じなのです。
自分が与えられているもの、それがどんなパワーを持っていて、 どんな性質、傾向のものなのかを理解していれば、 その力を様々な場面で、最大限に活かすことができます。
逆に無自覚なままに、魚座の力と性質に引きずり回されて困った状況に陥ってしまうのも避けられるでしょう。
蟹の固い甲羅、そしてその内側にある繊細で優しい心と豊かな感情が、 あなたの人生にどんな作用を及ぼしているのか、具体的に見ていきましょう。

魚座を月星座の持つ人の心の奥深くにある「本当の望み」

本当は流れに身を任せ、自由に漂っていたい…

魚座は、自分という存在を限定している「枠」のようなものから解放され、他者と、世界と同化してしまう星座。
そんな魚座を月星座に与えられた人は、心のどこか深いところで「何ものにもとらわれない自由さ」を求めているはずです。
「こうでなければいけない」とか「こうすべき」といった固定観念や常識は、魚座にとってとても窮屈なものなのです。

だから、たとえ太陽星座が山羊座のように、一つの目標に向かってコツコツと努力を重ねて着実に歩みを進める星座であったり、乙女座のように自分の役割を完璧にこなすことを喜びとする星座であったとしても、時々そんな生真面目さに息苦しさを感じ、自由を求めて心が浮き立ってしまうこともあるはず。

魚座はまるで霧や雲のように、その瞬間、その瞬間で自由に形を変えていく力を持っています。
自分の意志で自分や世界をコントロールしょうなどとは考えず、流れに身を任せて変化し続けるのが魚座なのです。

そのため、月星座に魚座を与えられた人にとって「私はこういう人間」とかたくなに自分のあるべき姿を既定してしまったり、「コレを達成する!」と絶対的な目標掲げ、そこに向かってわき目もふらず突き進む、といった姿勢はなじみにくいもの。

ただ、人が「社会」という外の世界に接するなかで発揮される傾向は、月星座よりも太陽星座の傾向が大きく影響します。
そのため経験を重ね、社会にもまれて成長するほど、月星座としての魚座のこんな自由さは、本人にも気づかれないほどに影をひそめてしまうことも多いでしょう。

でもだからと言って、魚座という星座の力があなたの中から完全に消えてしまったわけではありません。

例えば、あなたが目標に向かって着実な努力を重ねている時、また夢を叶えるために、自分で決めたルールを守って一生懸命頑張っている時、なぜかふと抵抗や、投げ出してしまいたい気持ちを感じたら…。
それは、あなたの中に存在している魚座が、何か別のモノを求めているからかもしれません。

その抵抗を無視したり、抑圧してしまうのは得策ではありません。
そうやって無理に抑え込んでも、魚座の要求はまた別の場面、別の形で顔を出すだけ。
だから無理に抑圧するのではなく、まずはあなたの中にある魚座の存在と、その要求を認めてあげること。
それが、あなたの内なる魚座と上手に付き合う方法です。

魚座を月星座に持つ人からにじみ出る「魅力」

自然と漂う柔らかな雰囲気と、包み込むような優しさ

魚座は、穏やかで優しく、周囲を柔らかなムードにする魅力を持った星座。
そんな魚座を月星座に与えられた人は、どこかつかみどころのない雰囲気を持ち、ふんわりとした優しい印象を人に与えます。

そしてこの魅力は、意識的に努力したからといって身につけられるものではなく、むしろあなたが自然体でリラックスしている時に発揮されるもの。
他の星座がうらやんでも手に入れることができない、魚座が持って生まれた天性の魅力なのです。

もちろん、そういった優しくやわらかな雰囲気はたんに表向きの印象だけのものではありません。
魚座を月星座に持つ人は、実際にとえも優しく、特に困っている人や辛い思いをしている人を見ると放っておけない、根っからのお人好しなのです。

「自分」と「他人」の間に明確な境界を持たない魚座は、他人の痛みを自分の痛みと同じように感じることができます。
だから魚座にとっては、たとえ見ず知らずの他人に対してでも深く同情し、「何とかしなければ」と思うのはごく自然なことなのです。

その不思議な「共感力」は、人の痛みだけでなく、様々な感情や、言葉にならない思いに同情することも可能にします。
人の気持ちに敏感で、相手がうまく表現できないようなことまで、微妙なニュアンスを掴んで理解できる。

魚座にとっては、これもごく当たり前のことなので、特に意識することはないかもしれません。
でもそんなことは誰にでもできるわけではありません。

そんな風に他人の気持ちに寄り添うことができ、しかも優しい魚座のあなたが、周りの人たちにとって魅力的に映るのは当然。
そしてこれもあなたが自然体でいる時に、無意識のうちに発揮できる魅力。

魅力的であろう!と肩ひじ張って頑張らなくなくても、あなたにはもともと、魚座のこんなに素晴らしい魅力が備わっているのです。
ゆったりとリラックスして、その魅力を解放してあげてください。

魚座を月星座に持つ人が秘めている「才能と可能性」

言葉を超えたインスピレーションの泉が眠っている

魚座は、豊かな想像力とインスピレーションに恵まれた星座。
そんな魚座を月星座に与えられた人は、現実的・世俗的なことに縛られず、自由にその魂を解放してあげることで、クリエイティブな能力を開花させることができます。

個人という小さな存在の死を超えて、すべての生命の根源である、もっと大きな存在へと回帰する力を持った魚座。
一人ひとりの「意識」で知覚できる、限定的で分断された世界ではなく、すべてがつながり、あらゆるものがカオス状態で渦巻いているような無意識の世界…。
そこは、時代や文化、言葉を超えて人々の心を揺さぶる音楽や芸術、愛や美の源泉のようなものが眠っている場所です。

魚座は、そんな非日常的な領域にアクセスできる星座なのです。
魚座は音楽や芸術に関りが深い星座とされるのも、そんな無意識の世界に眠っているものを呼び覚まし、音や形を与えて人々の前に表すことができるから。

アーティストやミュージシャンを目指しているわけじゃないから、そんな能力は自分には無用の長物…と思う人もいるかもしれません。
でも、魚座の想像力やインスピレーションは、もっと日常的なシーンでも輝かせることができます。

革新的なアイディアが求められる商品やサービスの企画開発に限らず、どんな仕事でも、素晴らしいヒラメキや思いつきは大切なもの。
もちろん仕事だけでなく、家庭においても、ありふれた日常を豊かに彩るため、そのクリエイティビティを発揮することもできます。

「仕事」や「自己実現」など、社会の中で生きていくうえでの傾向は、月星座より太陽星座の力が前面に出てくるのが一般的。
そのため、月星座としての魚座のこのような力は、あまり目立たず、その力にあなた自身も気付いていないかもしれません。

でもそれは、あなたの中に間違いなく存在しています。
その力は、あなたがすべてを自分でコントロールしようと必死になっている時よりも、力を抜いてゆったりとリラックスしている時にふと表れてくるかもしれません。

さらに魚座は、適応力と順応性に富み、何にでも気負いなく挑戦できる柔軟さを持っています。
それは、魚座の何ごとにもとらわれない自由さが可能にするもの。

魚座という月星座を与えられた人は一般的な常識や先入観に一切とらわれずリラックスしてその自由な魂を解放することで、素晴らしい能力を開花させ、人生の可能性を豊かに切り拓くことができるはずです。

魚座を月星座に持つ人が「パートナーに求めるもの」

相手に尽くすことで、自分の存在を確認したい…

「自分」と「他者」という区別を持たない魚座。
この、魚座特有の人間関係における性質は、月星座に魚座を与えられた人が、恋人やパートナーとの関係を築くうえで少なからず影響力を持ちます。

相手と自分を一体化してしまう魚座にとって、恋人やパートナーという身近な存在との関係は、特に自分と相手との境界線が曖昧になりがちなもの。
自己犠牲的なまでに、献身的に相手に尽くすのも、そのせい。

相手のこと、自分のこと、という区別がないため、自分を犠牲にしている、相手に尽くしている、という感覚すらなく、むしろそうすることで自分自身の存在価値を確かめ、安心するという面もあります。
気付かないうちに、趣味や服の好みなども相手に合わせて変わってしまう…とうことも珍しくないはず。

また、相手を丸ごと受け入れてしまう魚座は、相手にも自分のすべてを受け入れて欲しいと切実に望んでいます。
そのため、お互いが個人として自立し、適度な距離を保つような関係性ではどこか物足りなさを感じ、完全に満たされることができません。

霧や雲といった、ごく小さな水の粒子の集まりに象徴されるように、魚座はすべてを柔らかく包みこむ存在。
恋人やパートナーに対しても、厳しく接するよりは甘やかしてしまう傾向があるでしょう。
そして自分も同じように、相手に甘えて依存していたいという気持ちがどこかにあります。

また、自分の意志で何かをコントロールしようとせず、流れに身を任せることを好む魚座は、自分が相手をリードしていくタイプではありません。
むしろ引っ張って行って欲しいし、相手に強く働きかけられたり、泣きつかれたりするとどうしてもノーとは言えないこともしばしば。

雲のように姿を変え続ける魚座は、自由な反面、どこかに不安定さを抱えているのも事実。
パートナーに甘えたい、いつも一緒にいたい…と思うのも、そんな不安定な心の支えを求めているから。

積極的に自己主張するタイプではないので、表にはあまり現わさないものの、自分が愛されている、求められているという実感を人一倍必要としているのも、魚座なのです。

魚座を月星座に持つ人が「無意識のうちに陥りがちなトラブル」

厳しい現実を見つめたり、世俗にまみれるのは苦手。

何かに固執したり、思い込みや先入観に縛られたりすることがない魚座。
その自由さゆえにさまざまな可能性を切り拓くことができます。
ただ一方でその自由さが、「揺れやすさ」や「不安定さ」という形で表れ、あなたを困らせることがあるのも事実。

物事は何でも形を変え続けるもの、と達観している魚座。
そんな魚座にとって、何かを「決断」したり「判断」したりするということは、たった一つの小さな型に物事をはめこみ、他の可能性を切り捨ててしまうということ。

それは魚座にとっては「苦手」というよりもむしろ、とても不自然なことです。
一般的に魚座が「決断力に欠ける」「他人に流されやすい」などと言われるのはこのせい。 単なる優柔不断さとは少し違っています。

また、一つのことに執着せず、関心の対象を次々と様々なものに移すことができる柔軟さが、集中力のなさ、持続力や実行力のなさとして表れてしまうことも。

さらに、現実の世俗的なことに惑わされず、清らかでピュアな想像の世界に心を遊ばせることができるため、厳しい現実にしっかりと向き合わなければいけない場面でも、どこかで逃げの姿勢をてってしまう傾向もあります。

こうやって現実からの逃避を繰り返していると、現実的な日常を生きるのに必要なじっこ力や持続力がますます失われ、自信を無くしてしまう…という悪循環に陥ってしまいかねません。

月星座の力は、無意識のうちに働くもの。
もしあなたが、いつの間にかこんな風に自身を失い、消極的になってしまうことがあれば、それはあなたの月星座である魚座のせいかもしれません。 だから「私ってなんてダメなの…」と自分を責めて落ち込む必要はありません。

魚座の力は、あなたをこんなトラブルに引きずり込むこともあれば、一方で素晴らしい能力や魅力を与えてくれもします。
力を使いこなすには、その力がどんなものなのかを知る必要があります。

何より大切なのは、無自覚なままその力に振り回されないこと。
そのためにはまず、あなたの内側に存在している魚座の存在を意識し、認めてあげてください。
そしてその力と自分が陥っている状況を客観的に見つめられれば、魚座の力が暴発することもなくなるはずです。

あなたの「太陽星座」が持つ意味も調べてみましょう

あなたの内面、持って生まれたものを表す「月星座」に対して 社会の中で発揮される傾向や能力を表すのが、星占いでお馴染みの「太陽星座」。
でも、あなたの太陽星座がどんな意味を持っていて、 あなたの価値観や人生、人間関係にどう影響しているか意識したことがありますか?
月星座と併せて、あなたの太陽得星座についても詳しく見てみましょう。

ページのトップに戻る