「太陽星座」が「山羊座」のあなたは…

山羊座

山羊座という星座を、太陽星座に与えられたことの意味を知っていますか?

山羊座は、12星座の中でも屈指の生命力と実行力、夢を実現する高い能力に恵まれた星座です。
その山羊座を「太陽星座」に与えられたということが、あなたの人生にどんな影響を与えるか知っていますか?
一般的な星占いでおなじみの「星座」は正確には「太陽星座」と呼ばれます。
「太陽星座」は文字通り、あなたが生まれた時に「太陽」が位置していた星座。
そして太陽星座が表すのは、その人が「外」に向かって発揮するもの。
つまり、他人や社会との関りの中でどんな才能や個性、傾向を表し、何を大切に生きようとするのか、といったことです。
社会の中で生きる大人にとって、この太陽星座の傾向は最も目立ち、大きなウェイトを占めるもの。
山羊座を太陽星座に持つ人は、他人との関りや仕事、そして自分の人生を豊かに生きようとするなかで、 山羊座という星座の性質が前面に表れてくることが多いのです。
自分の性格や才能、さらに短所や欠点だと思っているものも、 山羊座という太陽星座の性質に影響されているかもしれません。
その性質、力がどんなものなのかを客観的に理解すれば、 あなたの魅力をもっと豊かに花開かせ、陥りがちなトラブルにうまく対処できるようになるはず。
さっそく山羊座という太陽星座の力と、その豊かな魅力を紐解いていきましょう。

「月星座」が山羊座の方はこちらをチェック!

「山羊座」という太陽星座を読み解く、6つのポイント

山羊座が持つ「テーマと使命」

「限られた時間」をどう生きるか?何を目指すのか?

人生という限られた時間の中で、目に見える結果を出すこと。これが山羊座に与えられた最も大事なテーマであり、使命です。
そして山羊座が求める「結果」は、自分が「これだけやったからまあいいか…」と納得できるようなものではなく、「社会の中で確かな存在価値として認められる」ものである必要があります。
確実に結果を出そうとすると、どうしても「時間」というものを真剣に意識せざるを得ません。
寄り道したりさぼったり、フワワワと夢見て妄想している暇はありません。そんなことで時間も無駄にしていては、求める結果にたどり着くことはできないからです。
また、必要なことを一からすべて自分で体験していても、時間が足りなくなってしまいます。だから山羊座は、積み重ねられた先人の知恵を大切にし、そこから学ぶことを重視します。
そうやって長い年月大切にされてきたもの、それだけの価値があると認められた「本物」へのリスペクト。それが山羊座に「自分もそうありたい」という気持ちをさらに強くさせます。
そして、人生が有限の時間の流れであることを強く意識しているからこそ、生きる喜びをどんな小さなものでもしっかりとかみしめるように味わい、強く愛している。それが山羊座です。


あなたに与えられた「山羊座」という星座の力は、様々な場面であなたに作用します。

この山羊座という星座を太陽星座に与えられた人は、山羊座の「社会の中で認められる存在になる」「結果を出すために着実な努力を重ねる」 といった性質を自分の中に持ち合わせていて、 少なからずその影響を受けることになります。
そしてこれは山羊座に限ったことではありませんが、どんな星座の性質も、それ自体に「良い・悪い」や「優劣」はありません。
ただ、それぞれの星座の性質が場合によって良い方向に働くこともあれば、困った状況を作り出してしまうこともあるのは事実です。
それは例えば、「水」が私たちの命と生活に欠かせない物質であると同時に、 場合によってはそのエネルギーが人の命を奪い、生活を破壊することもあるのと同じ。
でも、水の力と性質を知っていれば、それをある程度コントロールすることも可能になります。
あなたが生まれた瞬間に与えられた、山羊座という星座の力も同じなのです。
自分が与えられているもの、それがどんなパワーを持っていて、どんな性質、傾向のものなのかを理解していれば、 その力を様々な場面で、最大限に活かすことができます。
逆に無自覚なままに、山羊座の力と性質に引きずり回されて困った状況に陥ってしまうのも避けられるでしょう。
山羊座という星座の、夢と目的を確実に自分のものにする強さと賢さが、 あなたの人生にどんな作用を及ぼしているのか、具体的に見ていきましょう。

山羊座を太陽星座に持つ人が「人生に求めるもの」

社会の中で認められる存在になること、確実に結果を出すこと。

社会の中で認められる存在になること、そのために着実に歩みを重ねること。
山羊座を太陽星座に与えられた人にとって、この二つの要素は無視することができないものです。
たとえ一生遊んで暮らせるだけのお金が転がり込んで、浮世から離れて悠々自適の生活ができたとしても、その状態が続くと山羊座は自分のアイデンティティを失ってしまい、人生に張り合いを感じることができなくなってしまいます。

「社会」という広い世界には、様々な価値観を持った人がとてもたくさんいます。
「人並」ではその中で確実に認められる存在にはなれません。
また一時的にチヤホヤされてすぐに忘れ去られるような存在も、山羊座が求めるものではありません。 誰もが「あの人は素晴らしい」と掛け値なしに認めてくれるような存在、長い年月を経てもその価値を失わない本物…。

そういう存在にはたまたまなれるものではありません。
「こうなろう!」という明確な目的意識、具体的なゴールが設定されている必要があります。
そしてそのゴールにたどり着くには何が必要なのか、どんな順序で進めればいいのか、足りないモノはどうやって調達してくるのか…。
そういう風に着実に一歩一歩ゴールを目指して進んでいく、そして確実にゴールにたどり着く。

「こんな人になりたい」「あれを手に入れたい」といった夢は誰でも抱くものですが、それを実現させる人はごくわずか。 たいていの人は夢見ているだけ、妄想してニヤニヤしているだけで終わってしまうのです。
でも山羊座は違います。
夢見たからには、それは到達すべきゴールであり、そこに向かって現実的に歩んでいくのが当たり前。そしてそれこそが山羊座の人生に必要なこと…。

だから山羊座は、他の人たちが「夢」として思い描いた形のないものを、現実のものとして自分の手の中に収めることができるのです。
一般的に「真面目」「努力家」などと表現される山羊座ですが、それは山羊座が、真面目に努力することが夢を現実にするため絶対に欠かせないものであることを本能的に知っているから。山羊座は努力することだけを人生に目的にした真面目な堅物、ということではないのです。

山羊座を太陽星座に持つ人が周囲を惹きつける「魅力」

絶対的な信頼感と頼れる存在感、隠された優しさ

山羊座を太陽星座に与えられた人は、多くの人から慕われる、信頼感と誠実さに溢れた魅力の持ち主。
山羊座は「王様の星座」とも呼ばれ、そこから山羊座のこの魅力を理解することができます。

社会の中で認められる存在になろうとする山羊座ですが、その存在の頂点が「王様」なのです。
それは自分勝手に権力を行使するわがままな王様ではありません。
社会という、たくさんの人たちからなる場を強く意識する山羊座は、その社会を構成している人達のことを無視して自己顕示欲だけで突き進むようなことはできないのです。

しかも、人から認められる、成熟した「本物」を目指すのも山羊座。
後世まで語り継がれるような立派な王様は、みんなの幸せを真剣に考える人格者である必要があります。
そんな立派な「王様」である山羊座には、誰からも心から信頼され、温かな優しさに溢れた魅力が備わっていて当然なのです。

いつも優しく微笑んでいるばかりでは王様として世を治めることはできないから、その優しさと温かさは外からは見えづらいことも多いでしょう。
一見近づきにくい人だと思われてしまうこともあるかもしれません。
でも山羊座は、本物とは時間をかけて育まれるものであると知っています。
人間関係でも同じで、初対面の人に自分の優しさや魅力を積極的にアピールして媚びようとはしません。
必要な相手とはじっくり時間をかけて絆を深めるべきだと知っているのです。
だから太陽星座に山羊座を授かった人は、長く付き合うほどに相手にその魅力を理解してもらうことができます。

また「王様」という堂々たる存在をテーマに持つ一方、山羊座はユーモラスさとチャーミングさも併せ持った星座。
山羊座は森の神ですが、怪物から逃げようとした時に慌てて変身したため、上半身が山羊、下半身が魚という姿になり、他の神々がその姿を面白がった、という神話が元になっています。
真剣で一生懸命なのに、あるいは一生懸命さゆえに、ひょんなところでちょっと失敗して周りの人達から「憎めない存在」として愛される…。それも山羊座の魅力なのです。

圧倒的に信頼できる、頼れるという安心感。それなのに時々とんでもなく人間的でチャーミングな面を見せてくれる。
そんな二面性も、周囲の人たちを惹きつける山羊座ならではの愛すべき魅力です。

山羊座を太陽星座に持つ人が発揮する「才能」

目標を達成する絶対的な実行能力

夢を実現させる、仕事をこなすうえで山羊座ほど高い能力を持つ星座はないでしょう。
一般的に「仕事好き」「出世欲旺盛」などと言われる山羊座ですが、山羊座の力は「仕事」「出世」といった言葉でイメージされるような実務的な事、「会社」の中での型にはまった業務にしか発揮されないものではありません。

山羊座は芸術的なセンスにも非常に優れた星座なのです。
それは山羊座が、時を経ても人々をインスパイアし続ける「本物」を見抜くことができるうえに、生きることの喜びをしっかりと味わうとする星座だから。

山羊座が必要とするのは「本物」、「社会の中で認められる価値ある存在」になること。
芸術的な創造であれ社会の中での実務的な仕事であれ「本物」に触れて感動し、「自分もそうなろう!」と明確な目標を定められれば、そこに向かって高い能力を呼び起こすことができるのが山羊座。
山羊座を太陽星座に与えられた人は、山羊座のこんな高い能力を芸術的なセンスを社会で生きていく中で発揮することができるのです。

山羊座は目標が定まると、そこにたどり着くまでに何が必要かを冷静に見極め、それらを一つ一つクリアしながら着実にゴールに近づきます。
邪魔が入ったりつまずいたりしたからといって投げ出したりはしません。
何が問題だったのか、次はどうすればいいのかを見極め、軌道修正しながらゴールに進んでいきます。

「時間」と「結果」に真剣に向き合う山羊座は、「本物」と認められるような価値のあるものが作り出されるまでには時間が必要であることを知っているし、「結果」を出すには必要なプロセスを粘り強く重ねていくしかないこともわかっているのです。
だから山羊座にとって、夢や目標に向かって長期的な計画をたて、一つづつコツコツこなしていく、簡単にあきらめないというのは当然のこと。
そのプロセスの積み重ねを、ちゃんと「結果」に結びつけて考えることができます。

でも山羊座にとってのその当たり前は、他の人達にとっては賞賛すべき能力として映ります。
多くの人は「夢」や「目標」を掲げた時、ゴールであるその一点だけを見つめてしまい、すぐにそこにたどり着けないこと、自分が今いる場所からそのゴールがとても遠いことにげんなりして、山羊座のような努力を放棄してしまうのです。

山羊座の力を与えられたあなたはそれを横目に、確実に自分の描いた夢に静かに前進し続けることができるはずです。

山羊座を太陽星座に持つ人が求める「人間関係」

「本物」の関係をじっくり築きあげたい

「社会」の中でどう生きるかを常に考えている山羊座は、その「社会」という場において、自分は成熟し完成された大人でなければ…と感じています。
山羊座を太陽星座に与えられたあなたも、少なからずこの傾向に影響されるはず。

「成熟した人間」として認めてもらうため、自分の言動をいつもきちんと管理し、他人に対して礼儀正しく律儀に振る舞う…。
そうやって自分の素直な感情や欲求をコントロールすることが当たり前になっているため、誰とでもすぐに打ち解け、腹を割って付き合うような関係にはならないでしょう。
それは、単なる人見知りというのとはちょっと違います。

社会の中で生きることを何よりも大切にする山羊座は、基本的には誰とでも明るく接することができます。
でも山羊座は「本物」とそうでないものを見極める目を持った星座であり、それは人間関係においても同じ。
本当に価値のある関係性は一朝一夕に出来あがるものではないし、表面的に人間関係をスムーズにする小手先のテクニックでどうにかなるものではないと知っているのです。

だから心理的な駆け引きや、必要以上に自分を取り繕って相手との関係を「とりあえず」キレイに整えるようなことの必要性を感じないのが山羊座です。
大切な人との関係性は、時間をかけて成熟させればいい。
だから相手との関係が深まってくればくるほど自分自身もリラックスするし、相手も山羊座のあなたが持つ本当の魅力をどんどん発見してくれます。

また、自分の人生が限られた時間の中で展開するものであることを知っている山羊座は、そのように縁あって関係性を深められた人、例えば家族や親友、恋人、パートナーを誠実に愛そうとします。
「自分はこういう人間でいるべき」という理想像、それを崩さないように生きようというプレッシャーがあるからこそ、しっかりとした安定的な関係を築けた身近な人たちに対しては、例え時間がかかっても素の自分、ありのままの自分で接したい、それを受け入れて欲しいという願望もどこかにあるでしょう。

山羊座を太陽星座に持つ人が抱えている「不安」

自分に厳し過ぎる、自分を追い込み過ぎる

山羊座は真剣に生きようとするがゆえに、強いプレッシャーを抱え込みがちな星座。
社会の中で認められる存在にならなければいけない、いつも成熟した人間として振る舞わなければいけない…。
山羊座の素晴らしい力を太陽星座に与えられたあなたは、同時にこのプレッシャーもどこで感じ続けているかもしれません。

社会で認められる存在、成熟した人間を目指し、そのための努力を重ねることが山羊座の生き方であり、それによって他の人が手に入れられない成果、夢を手に入れられることができるのも事実。
一方で自分をゆっくり休ませる時間を惜しんでしまったり、リラックスして純粋に楽しむことを恐れてしまったりすることも…。
自分がなろうとしているものになるためには、目標とするゴールにたどり着くには何が必要か、時間をどうやりくりするべきかをいつもシビアに見極めているため、休むべき時間でも「こんなことしていてはいけない、もっと頑張らなくては!」と思ってしまうのです。

また社会の中での自分の立ち位置を自然と意識してしまう山羊座には、他人と自分を常に比較してしまう傾向があります。
相手が自分より優れていると感じる度に「自分ももっと努力しなければ」と前に進んで成長できるのは山羊座の素晴らしいところ。
でもそうやって常に自分と他人を比較して優劣をつけてしまうことで、必要以上に消耗してしまうのも事実です。

それを繰り返していると、自分に対しての評価が厳しくなり過ぎるために自信を失ってしまったり、悲観的になってしまうこともあります。
結果的に身動きがとれなくなってしまうこともありますが、それは決して怠け者だからではありません。
本来、理想を目指してと力強く前に進む姿勢とまじめさを持っているがゆえに、それがままならないとひどく他の人以上にフラストレーションを感じてしまうのです。

あなたの「月星座」が持つ意味も調べてみましょう

実は蟹座という太陽星座が表しているのは、あなたという複雑で豊かな存在のごく一面でしかありません。
あなたをもっと深く理解するためのカギとなるのが、太陽と対をなす存在である「月」。
生まれた瞬間に、月が位置していた星座=「月星座」は、その人が持って生まれた性格や心の奥底にある本当の欲求などを表すと言われています。

ページのトップに戻る