「太陽星座」が「双子座」のあなたは…

双子座

双子座という星座を、太陽星座に与えられたことの意味を知っていますか?

双子座は、12星座の中でも屈指のピュアな好奇心とコミュニケーション能力に恵まれた星座です。
その双子座を「太陽星座」に与えられたということが、あなたの人生にどんな影響を与えるか知っていますか?
一般的な星占いでおなじみの「星座」は正確には「太陽星座」と呼ばれます。
「太陽星座」は文字通り、あなたが生まれた時に「太陽」が位置していた星座。
そして太陽星座が表すのは、その人が「外」に向かって発揮するもの。
つまり、他人や社会との関りの中でどんな才能や個性、傾向を表し、何を大切に生きようとするのか、といったことです。
社会の中で生きる大人にとって、この太陽星座の傾向は最も目立ち、大きなウェイトを占めるもの。
双子座を太陽星座に持つ人は、他人との関りや仕事、そして自分の人生を豊かに生きようとするなかで、 双子座という星座の性質が前面に表れてくることが多いのです。
自分の性格や才能、さらに短所や欠点だと思っているものも、 双子座という太陽星座の性質に影響されているかもしれません。
その性質、力がどんなものなのかを客観的に理解すれば、 あなたの魅力をもっと豊かに花開かせ、陥りがちなトラブルにうまく対処できるようになるはず。
さっそく双子座という太陽星座の力と、その豊かな魅力を紐解いていきましょう。

「月星座」が双子座の方はこちらをチェック!

「双子座」という太陽星座を読み解く、6つのポイント

双子座が持つ「テーマと使命」

世界中を駆け回って情報を集め、それをみんなに伝えること

あちこちに移動して新しいものを見つけ続けること。
そしてそれを他の人たちに伝えること。
それが双子座に与えたれた、もっとも重要なテーマです。
人が生きていくためには安定した生活の基盤が必要ですが、それだけでは何も生まれません。
成長し、可能性を広げていくためには変化と刺激が必要です。
ずっと同じ場所で同じ景色ばかり見ていたのでは、考え方が硬直してしまい、いざという時、柔軟に対応できなくなってしまうかもしれません。
だから双子座はそうならないように、見るものすべてが新鮮に映る子供のように、好奇心いっぱいで世界を駆け回ります。
面白そうなものには何でも興味を抱き、ぱっと飛びつく。
いつもワクワクしていて、片時もじっとしてはいられない、自由かつ活発な星座です。
そして双子座は、自分が興味を持ったバラバラの物事をつなぎ合わせ、新しい価値やストーリーを生み出します。
それは遊び盛りの子供が、本来は別の用途に使うものを大人が思いもつかないやり方で遊び道具に変えてしまうのと同じ。
そして自分が見たもの、面白いと感じたものは独り占めせず、みんなに話して伝えます。
風のように飛び回り、硬直してしまった世界をかき回して、新鮮な空気を送り込む。
それが双子座の使命だからです。


あなたに与えられた「双子座」という星座の力は、様々な場面であなたに作用します。

この双子座という星座を太陽星座に与えられた人は、双子座の「好奇心のおもむくままに動き回る」「機敏さ、頭の回転の速さ」 「言葉でのコミュニケーションを大切にする」といった性質を自分の中に持ち合わせていて、 少なからずその影響を受けることになります。
そしてこれは双子座に限ったことではありませんが、どんな星座の性質も、それ自体に「良い・悪い」や「優劣」はありません。
ただ、それぞれの星座の性質が場合によって良い方向に働くこともあれば、困った状況を作り出してしまうこともあるのは事実です。
それは例えば、「水」が私たちの命と生活に欠かせない物質であると同時に、 場合によってはそのエネルギーが人の命を奪い、生活を破壊することもあるのと同じ。
でも、水の力と性質を知っていれば、それをある程度コントロールすることも可能になります。
あなたが生まれた瞬間に与えられた、双子座という星座の力も同じなのです。
自分が与えられているもの、それがどんなパワーを持っていて、どんな性質、傾向のものなのかを理解していれば、 その力を様々な場面で、最大限に活かすことができます。
逆に無自覚なままに、双子座の力と性質に引きずり回されて困った状況に陥ってしまうのも避けられるでしょう。
双子座という星座の、常に変化を求める柔らかさを失わないみずみずしい心が、 あなたの人生にどんな作用を及ぼしているのか、具体的に見ていきましょう。

双子座を太陽星座に持つ人が「人生に求めるもの」

面白そうなことを求めて、常に動き回っていたい…

いつでも何か面白いものはないかと周りを見渡し、一か所にじっとしてはいられないのが双子座。 こんな双子座を太陽星座に与えられた人は、常に楽しい事や新鮮な驚きを求めます。 あちこち動き回れるような環境に身を置くのが理想です。

どんなに安定していても、変化のない平凡で退屈な人生は、双子座の求めるものではありません。 何かに縛られて身動きがとれなかったり、同じことを延々と繰り返さなければいけないような状況も苦手です。 毎日の業務が完全に固定されてしまっている仕事や、毎日家事に追われて自分の自由な時間が持てないような環境にいると、人一倍息苦しくなってしまうでしょう。 双子座を太陽星座に持つ人がイキイキと生活するには、できれば自由度が高く、変化に柔軟に対応していくような仕事、また小まめにあちこち動き回れるような環境に身を置くのが理想です。

でももちろん、それがままならないこともあるはず。 そんな場合は、帰り道に何か楽しみを見つけたり、少し散歩してみたり、できるだけ違う場所に買い物に出かけてみるなど、生活の中に小さな変化を意識的に生み出してみましょう。 それだけでも、日常が新鮮な輝きを取り戻すはず。 双子座はとにかく動き続け、新しいことに刺激を受け続けていなければ、自らの存在価値を見失ってしまう星座なのです。

また双子座は、自分が世界を駆け巡って見つけた面白いことを、みんなに伝える星座。 言葉によるコミュニケーションを大変重視します。 そのため太陽星座が双子座の人にとっては、人と話す、言葉で何かを伝える、といったことも人生において無視できない要素の一つ

家族や職場の仲間、友人たちと顔を合わせて、自分が面白いと思ったことを話す、人の面白い話を聞く。 そんな環境があることはとても大切です。 それもメンバーをあまり固定せず、色々な人たちと話ができるのがベスト。

また、文章で人に何かを伝える、人が書いたものを読むことも、双子座のコミュケーション欲を満たしてくれます。 人とあまり話せない環境でストレスがたまってしまったら、何でもよいので「読む」ことで好奇心を刺激すると、少し元気が出るはず。

好奇心旺盛な双子座は、常に「もっと知りたい!」とうずうずしているのです。 どんな形であれ、そのピュアな好奇心を満たしてあげることが、双子座を太陽星座に持つ人の人生を輝かせるポイントです。

双子座を太陽星座に持つ人が周囲を惹きつける「魅力」

話し上手なムードメーカー、明るく楽しい人気者

人と話すのが大好きで、いつも新鮮な好奇心に心をときめかせている双子座は、明るくチャーミングな魅力に溢れた星座です。
みんなに、自分が見つけてきた世界の面白いことを伝える、という使命を与えられている双子座は、それを実現するためのオープンな社交性と、ウィットに富んだ会話術も授けられています。

そんな双子座を太陽星座に授かった人は、話題が豊富で周りの人を飽きさせないため、自然と人気ものに。
どこに行っても、みんなから好かれる存在になるでしょう。
加えて、場の空気を読むのも得意で、みんなを明るく楽しませることができます。
頭の回転が並外れて早いので、どうすれば相手を喜ばせられるからを瞬時に理解し、その場その場で臨機応変に、素早く対応できるのです。
本人はほとんと本能的にやってのけていることなので、特に意識することはないかもしれませんが、それは他の人にとっては大きな魅力として映ります。

また常に色々なことに興味を持って活発に動き回る双子座は、一つのことにネチネチ執着したりはしません。
そのため、さわやかで前向きな、風通しの良い人という印象を与えるでしょう。

そして双子座の、いつまでもピュアな好奇心を失わない、柔軟でみずみずしい心は、若々しさと子供のような素直さとして表れます そんな双子座が、まわりの人達にとって魅力的でないはずはありません。

太陽星座の魅力は、その人が自分らしく、イキイキと輝けば輝くほど、さらに鮮やかな光を放つもの。
そして双子座が双子座らしく輝くには、旺盛な好奇心を抑え込まず、軽快に動き回り続けることが大切です。
そんな風に自由でいられれば、双子座の魅力があなたをますます輝かせてくれるはずです。

双子座を太陽星座に持つ人が発揮する「才能」

頭の回転が速く機敏で柔軟。新しい価値を作り出す創造性

双子座は驚くほど頭の回転が速く、柔軟で創造的な星座。
そして、太陽星座はその人が社会の中で生き抜くうえで発揮する才能や、素質といったものを表します。
つまり太陽星座が双子座のあなたは、仕事や勉強、また家庭内においても、人が羨むほどの双子座の聡明さや機敏さを、存分に発揮することができるのです。

双子座はとにかく好奇心旺盛な星座。 見るものすべてに関心を持ち、知りたい!学びたい!とワクワクしています。
自分が興味を持ったことなら、情報を収集したり、知識を吸収したりすることが何の苦労もなくできてしまいます。
しかも本人は「勉強しよう」」と意気込んでいるわけではありません。
双子座は、面白いと思ったものについてどんどん知る、学ぶということが、まるで呼吸のように自然にできてしまうのです。

そしてその好奇心は、とどまることを知りません。
何かに夢中になっていた子供が、次の瞬間には他のものに興味を移しているのと同じように、双子座は一つのことに執着せず身軽に飛び回ります。
頭の回転が速い、機転が利くと言われるのもこのため。
一から十まで説明しなくても、パッとすべてを飲み込みんでしまう聡明さがあるのです。

また、そうやって身軽な状態で世界の面白そうな場所を飛び回ろうとする双子座には、広い視野と、何かに取り込まれてしまわない自由さが必要です。
そのため双子座は、同時に色々なことに関心を向け、考えられる頭脳を与えられています。
そしてそれは、呑み込みの早さや反応の速さだけでなく、客観的で冷静な観察眼にもつながるもの。

さらに双子座は、とても創造的な星座でもあります。
世界中を見て回るだけでなく、そうやって見てきたたくさんのもの、それぞれはまったくバラバラのものをつなぎ合わせ、新しい価値や物語を作る星座なのです。
人一倍、頭の回転が速く、柔軟で客観的な視点を持つ双子座が、好奇心のままにあらゆる世界を探索し、そこから新しい価値を紡ぎ出すのですから、その発想が鮮やかなものであるのは当然です。

太陽星座に双子座を授かったあなたは、双子座の自由な好奇心を抑圧せずにどんどん世界を広げていくことで、こんなすばらしい才能を存分に発揮することができるはずです。

双子座を太陽星座に持つ人が求める「人間関係」

束縛されず、たくさんの人たちと楽しく触れ合いたい

双子座は、行く先々で色々な人たちとの交流を楽しむ、とても社交的な星座です。
太陽星座が双子座の人は、社会の中で人間関係を築くうえで、双子座のこんな性質に少なからず影響を受けるでしょう。

双子座は一つの場所にとどまらず、あちこち移動し続けて様々な情報をキャッチして回る星座。
ですから、誰とでもすぐに打ち解けて話ができるコミュニケーション力が備わっているのは当然。
瞬間的に場の空気や、相手の望む反応を察知して、臨機応変に対応することもできます。
そういうことが、ほとんど無意識にできてしまう器用さゆえに、みんなを楽しませようとお調子者を演じることもあるかもしれません。

また、とにかく相手とうまくやっていくことを優先するため、人に合わせ過ぎて自分を見失ってしまったり、その場その場でつい、いい加減なことを口にしてしまったりすることもあり得ます。
でもそれは、双子座が単に適当でいい加減だからではなく、それほどみんなとうまくやっていくこと、相手を楽しませることを重視していることの表れなのです。
もっとも、本人はほとんど本能的にこういう対応をとっているので、そんな理由を意識することはないかもしれません。

そして、常に移動し続け、新しいものを求め続ける双子座は、距離感が近過ぎる人間関係は苦手です。
人と楽しく話すことは大好きなので、誘われたり、楽しい場に顔を出すことは好みますが、特定の相手とべったりくっつこうとはしません。
そうやって人との関係に縛られ、取り込まれてしまうことは双子座の自由を奪うもの。
感情的な部分で誰かと深く結びついてしまうと、興味のおもむくままあちこち飛び回るのには都合が悪いのです。
だから双子座は、人の反応を敏感に見極める一方で、相手の感情の深い部分には立ち入ろうとしませんし、また自分のごくプライベートな感情も、あまりさらけ出そうとしません。

人と楽しく触れ合っていたい、だからそういう場を作るためにあらゆる努力をする。
だけどいつでもそこから飛び立てる自由さも失ってはいけない…。
それが双子座の人間関係なのです。

双子座を太陽星座に持つ人が抱えている「不安」

安住の地に留まれない不安、変化し続ける不安定さ

明るく活発で、おしゃべり好きな双子座。
人付き合いもスムーズで、一見不安とは程遠い星座のように見えます。
でも、実は双子座はとても不安定な脆さを抱えた星座。

太陽星座に双子座を与えられた人は、その素晴らしい能力と魅力を授かった一方で、双子座のこんな不安も抱え持っています。
それを自覚しないまま、双子座のアンビバレントに触れる心に振り回されていると、何が何だかわからないままに心をすり減らしてしまうことにもなりかねません。

双子座は常に変化を求める星座です。
新しい場所へ、新しい場所へと移動を続け、一か所に執着してとどまることはありません。
それこそが双子座の求める自由さですが、それが極めて安定性を欠いた生き方であることも事実。
いつも次へ、次へと様々な方向を見ながら心を動かしているため「たった一つの大切なこと、本当のこと」に安住してしまうことができません。
双子座の心はいつもさまよい、翻弄されているのです。

また、頭の回転が速すぎるために、色々なものが見えすぎてしまうことも、時に双子座をひどく不安にさせます。
あらゆる選択肢と可能性がいつでも目に入ってしまうからです。
双子座がいかに好奇心旺盛で、軽快なフットワークに恵まれているとは言え、やはり一度に処理できることは限られています。
そのことが、双子座を落ち着かない気分にさせてしまうのです。

でもどんなに不安でも、動き続けることに疲れてしまっても、双子座の心は立ち止まって自らを休ませることはできません。
何かを発見し続けることを宿命づけられている双子座は、立ち止まって固定化されてしまうと、自分の存在価値を見失ってしまいます。

だから、何かに取り込まれてしまったり、深入りし過ぎて身動きが取れなくなってしまうことをとても恐れてもいます。
一か所にとどまってコツコツと何かを積み上げることに対する拒否感も強く、それは「成熟」や「老い」に対する恐れとして表れます。
いつまでも若々しくチャーミングな双子座は、その魅力の影にこんな不安を抱えてもいるのです。

あなたの「月星座」が持つ意味も調べてみましょう

実は双子座という太陽星座が表しているのは、あなたという複雑で豊かな存在のごく一面でしかありません。
あなたをもっと深く理解するためのカギとなるのが、太陽と対をなす存在である「月」。
生まれた瞬間に、月が位置していた星座=「月星座」は、その人が持って生まれた性格や心の奥底にある本当の欲求などを表すと言われています。

ページのトップに戻る