「太陽星座」が「牡羊座」のあなたは…

牡羊座

牡羊座という星座を、太陽星座に与えられたことの意味を知っていますか?

牡羊座は、12星座の中で一番最初に位置する、特別な使命を帯びた星座です。
その牡羊座を「太陽星座」に与えられたということが、あなたの人生にどんな影響を与えるか知っていますか?
一般的な星占いでおなじみの「星座」は正確には「太陽星座」と呼ばれます。
「太陽星座」は文字通り、あなたが生まれた時に「太陽」が位置していた星座。
そして太陽星座が表すのは、その人が「外」に向かって発揮するもの。
つまり、他人や社会との関りの中でどんな才能や個性、傾向を表し、何を大切に生きようとするのか、といったことです。
社会の中で生きる大人にとって、この太陽星座の傾向は最も目立ち、大きなウェイトを占めるもの。
牡羊座を太陽星座に持つ人は、他人との関りや仕事、そして自分の人生を豊かに生きようとするなかで、 牡羊座という星座の性質が前面に表れてくることが多いのです。
自分の性格や才能、さらに短所や欠点だと思っているものも、 牡羊座という太陽星座の性質に影響されているかもしれません。
その性質、力がどんなものなのかを客観的に理解すれば、 あなたの魅力をもっと豊かに花開かせ、陥りがちなトラブルにうまく対処できるようになるはず。
さっそく牡羊座という太陽星座の力と、その豊かな魅力を紐解いていきましょう。

「月星座」が牡羊座の方はこちらをチェック!

「牡羊座」という太陽星座を読み解く、6つのポイント

牡羊座が持つ「テーマと使命」

自分の力で世界を切り拓き、自分の存在を世界に向かって宣言する

「自分の存在を確かめ、周囲にその存在を高らかにアピールする」こと。
それが牡羊座の何より重要なテーマです。
そしてそのために牡羊座がとる方法は「競争に勝つ」こと。
そもそも牡羊座は、12星座の1番目に位置する星座。
この世に生を受けたばかりの、純粋な魂そのもののような存在なのです。
世界はまったくの手付かずで、自分が何者かという定義も与えられていません。
そんな真新しい世界で、自分という存在を確かめ、周囲にアピールしなければいけないのです。
赤ちゃんが、誰に命じられなくても自分の力で立ち上がろうとするのと同じように、牡羊座は本能的に自分の力で前に進もうとします。
危ないからと、大人にずっと支えられていては、赤ちゃんはいつまでも自分の力で歩けるようにはなりません。
世界が驚きに満ちている幼い子供にとって、自分の力で何かができるようになることは、純粋な喜びです。
立ちたい、歩きたい、という目標があればとにかく脇目もふらず進み、何度転んでも立ち上がる。
一つできるようになれば、また次へ。
本能的に自分の手で世界を切り拓こうとする牡羊座の開拓精神も、これと同じです。
そして未開拓の世界を少しでも早く、誰よりも早く見たい。
誰かが自分の頭をおさえて先に行こうとすれば、何がなんでも追いかけなければなりません。
そうやって恐れ知らずの純粋さで、決して立ち止まらず、まっすぐ前に進み続けるのが牡羊座なのです。


あなたに与えられた「牡羊座」という星座の力は、様々な場面であなたに作用します。

この牡羊座という星座を太陽星座に与えられた人は、牡羊座の「No.1を目指す」「自分の手で世界を切り拓く」 「困難を恐れず前に進む」といった性質を自分の中に持ち合わせていて、 少なからずその影響を受けることになります。
そしてこれは牡羊座に限ったことではありませんが、どんな星座の性質も、それ自体に「良い・悪い」や「優劣」はありません。
ただ、それぞれの星座の性質が場合によって良い方向に働くこともあれば、困った状況を作り出してしまうこともあるのは事実です。
それは例えば、「水」が私たちの命と生活に欠かせない物質であると同時に、 場合によってはそのエネルギーが人の命を奪い、生活を破壊することもあるのと同じ。
でも、水の力と性質を知っていれば、それをある程度コントロールすることも可能になります。
あなたが生まれた瞬間に与えられた、牡羊座という星座の力も同じなのです。
自分が与えられているもの、それがどんなパワーを持っていて、どんな性質、傾向のものなのかを理解していれば、 その力を様々な場面で、最大限に活かすことができます。
逆に無自覚なままに、牡羊座の力と性質に引きずり回されて困った状況に陥ってしまうのも避けられるでしょう。
牡羊座という星座の固い甲羅、そしてその内側にある繊細で優しい心と豊かな感情が、 あなたの人生にどんな作用を及ぼしているのか、具体的に見ていきましょう。

牡羊座を太陽星座に持つ人が「人生に求めるもの」

No.1という特別な地位を勝ち取り、自分を知らしめる

競争に勝ってNo.1になること、自分を信じること。
太陽星座に牡羊座を与えられた人が社会の中で生きるうえで、この二つの要素は無視することができないものです。

この世に生を受けたばかりの存在である牡羊座にとって、自分の存在を世界に知らしめることは何よりの優先事項。
人の影にひっそり隠れていられないのは当然でしょう。

そして自分の存在を確かめ、周囲にも印象付ける最良の方法は、とにかく「一番」になること。
どれだけ努力したとか、内容が大事とかいう理屈は牡羊座には意味がありません。
牡羊座にとってNo.1だけが重要で、2位以下は「その他大勢」として埋もれてしまって自分を輝かせられない、耐え難いポジションなのです。
「一番」だけが特別な存在感を放つことを、12星座のトップバッターである牡羊座が強く意識するのは当然かもしれません。

だから太陽星座が牡羊座の人にとっては、どんな分野であれ「誰にも負けない!」と誇れる何かを持つことがとても重要になります。
また、常にトップを目指してがむしゃらに前進できる目標があってこそ、牡羊座の人生は輝きます。

そしてもう一つ牡羊座の人生に欠かせないのが、「自分の力で」人生を切り拓く、という感覚。
手付かずの世界を一つ一つ開拓していかなければならない牡羊座が頼りにできるのは、自分の力だけ。
真新しい世界が目の前に広がっているのに、人からあちらへ行け、この道を行け、などと指図されるなんてナンセンスです。

また人に助けてもらうのも、あまりありがたくありません。
自意識が芽生え始めた子供が、自分の力で何かができるようになることに喜びを覚えるのと同じように、牡羊座も「自分が」何かをスタートさせること、やり遂げることに意味を見出します。

人から指図されたり、既存のレールの上を歩かなければいけない環境では、たとえトップに立つことができても牡羊座は心から満足することはできないはず。
どんな小さなことでも、人から言われず自分で行動する。誰にも負けない!と言えるレベルを目指して突き進む。 牡羊座の人生には、そんな積極性が必要です。

牡羊座を太陽星座に持つ人が周囲を惹きつける「魅力」

前向きなエネルギーに溢れ、率直でまっすぐ、純粋。

無垢な魂の持ち主である牡羊座は、ピュアな輝きと、生きることへの前向きなエネルギーに満ちた星座です。
太陽星座に牡羊座を与えられた人は、牡羊座のこんなまっすぐな魅力で、周りの人達を思わず惹き付けてしまうのです。

牡羊座は、この世に生まれたばかりの子供のような純粋な意識の持ち主。
とても正直で裏表がなく、自分が感じたことを率直に表現することができます。
嘘や筋の通らないことも大嫌い。
また人見知りせず、人当たりもよいので誰とでも気軽に接することができます。

そして牡羊座は、物怖じせず、どんなことにも前向きに生き生きと取り組む、活発なエネルギーの持ち主。
他の人ならば躊躇して、挑戦しない言い訳探しに労力を費やしてしまうようなことでも、牡羊座は毅然とした態度で、果敢に挑戦していきます。

これは世界を自分の力で開拓し、No.1の座を勝ち取ろうとする牡羊座にとっては、意識するまでもない当然の行動。
でももちろん、そんなことは誰にでもできるわけではありません。
そんな風に前向きに人生に立ち向かい、自分を輝かせることができる牡羊座は、周囲の人たちにとってとても魅力的に映ります。

さらに、恐れ知らずで積極的、ポジティブな情熱に恵まれた牡羊座は、人々に頼もしさを感じさせ、みんなを引っ張っていくリーダーシップを発揮することができます。
いつも情熱的でパワーがあり、キラキラと輝いている牡羊座は、たくさんの人の中にあっても目立つ存在。
その存在感と魅力は、誰からも一目置かれるものです。

太陽星座の魅力は、その人が社会の中で自分らしく輝けば輝くほど、磨かれるもの。
ぜひ牡羊座の積極的でまっすぐなエネルギーを抑えこまず、その力と魅力を解き放ってあげてください。

牡羊座を太陽星座に持つ人が発揮する「才能」

不可能を可能にするバイタリティとチャレンジ精神

牡羊座は、どんな不可能も可能にしてしまうほどのバイタリティと行動力、チャレンジ精神に恵まれた星座。
太陽星座に牡羊座を与えられた人は、人生を生き抜くうえで、牡羊座のこんな素晴らしい力を存分に発揮することができるのです。

トップの座に立つことを宿命づけられている牡羊座には、立ちはだかる障害に躊躇したり、怖気づいている暇などありません。
とにかく情熱のままにスタートして、困難にぶつかればその都度、立ち向かう。
何か目標を定めたら、勝つまで戦う-つまり明確な結果を手にするまであきらめない。
2位以下や努力賞なんて、いらない!
その積極性とバイタリティが、あらゆる物事を可能にするのです。

そもそも、他人がすでに成功させていることや、自分がもうできることは牡羊座にとって、勝負を挑む価値のない分野です。
だから牡羊座は、不可能と思えるほど困難なことにも、むしろそれほど困難であるからこそ、果敢にチャレンジしていくことができます。

加えて牡羊座は、人に指示されることに従ったり、お膳立てされた筋書きをなぞっていくだけの生き方なんて大嫌い。
何ごとも自分の手で切り拓かなくては、気が済みません。
牡羊座が開拓者精神に溢れた、真のパイオニアと呼ばれるゆえんです。

そして、そんな無謀とも思われるほど困難な勝負に挑み、それを成功させるだけの素晴らしい能力が牡羊座には与えられています。
危険や試練を恐れないチャレンジ精神、思い立ったら躊躇せずスタートを切る行動力。
そして何があっても前に進み続ける情熱とエネルギー…。

さらにトップを目指す牡羊座には、チームや組織のリーダーとして活躍できる素質が備わっています。
物怖じしない勇敢さとまっすぐなパワーで、みんなを引っ張って行くことができるからです。
そうやって多くの人たちの力を味方につけることで、さらに大きな成功を手にすることができるのも牡羊座。
そして何より、そんな風に前を見据えて、果敢に何かに挑戦している時こそ、牡羊座は魅力的に輝くのです。

牡羊座を太陽星座に持つ人が求める「人間関係」

集団に取り込まれず、ストレートに自分をアピール

自分の存在を、世界に向けて高らかにアピールしたいと望む牡羊座。
太陽星座に牡羊座を授かった人は、社会の中で人間関係を築くうえで、牡羊座のこんな性質に少なからず影響を受けます。

牡羊座にとって、周囲の人と歩調を合わせることばかり求められる関係や、みんなに気を配って自分を抑えていなければならない環境は、とても息苦しいもの。
集団の中に埋もれて、自分という存在を知らしめることができないのではないか、という焦りを感じるのです。
多少まわりから孤立しても、集団に飲み込まれず独立していた方が、新鮮な空気を吸うことができてイキイキするはず。
牡羊座は自分の存在を確かめることに神経を注ぐため、他人の存在に対する意識が希薄になる傾向すらあります。
人の意見を素直に聞いて従う、というのもあまり愉快なことではないはず。

だからと言って、本当に独りぼっちになってしまいたいわけではありません。
自分のいう存在をアピールするには、当然それに注目してくれる他者が必要です。
誰にも気づかれずひっそり過ごすなんて、牡羊座には苦痛でしかありません。
その純粋さゆえ孤独に陥ることはあっても、孤独を愛しているわけではないのです。
人から注目される、評価されることは、牡羊座が人間関係において重視することの一つ。

また、競争に勝ってNo.1の座を手に入れることで自分の存在を確かめたい、アピールしたいと望む牡羊座にとって、他者は常にライバル、つまり何らかの競争の相手でもあります。
相手はあなたと競うつもりなんてまったくなくても、あなたはつい「勝っているか/負けているか」という視点で相手を見てしまい、ひとりで競争心を燃やしてしまうこともあるでしょう。

どもその競争心こそ、牡羊座の向上心の源泉なのです。
そして競争をゲームとして楽しめるのも牡羊座。
何でもライバルがいないと楽しくないし、良きライバルの存在こそが牡羊座をどんどん成長させてくれるもの。
どんな分野でも、常に「負けたくない!」と思える相手を見つけて前向きに勝負を楽しむことができれば、牡羊座にとってすべての人間関係は、向上心を刺激してくれるエネルギーの宝庫となり得るでしょう。

牡羊座を太陽星座に持つ人が抱えている「不安」

勝ち続けなければいけない重圧、甘えられない孤独

自分の力を信じてまっすぐ前進する、怖いもの知らずの牡羊座。
たくましてく勇敢で、一見「不安」とは縁がないように見えます。
でも実は臆病で脆い面があり、デリケートで孤独を抱え込みやすい星座であるのも事実。

誰にも負けられない、いつも競争に勝ち続けなければならないのが牡羊座。
その宿命こそ、牡羊座の素晴らしいバイタリティの源でもありのですが、これは常に自分自身にプレッシャーを与え、緊張を強いていることにもなります。

そして牡羊座は、あくまで自分の力だけで勝負に勝たなければいけません。
人に頼るということは牡羊座にとって、自分の弱みを見せること。
それは「負け」と等しく、自分の存在を危うくするほど恐ろしいことなのです。

同じ理由から、弱音を吐いたり人に甘えたりすうこともうまくありません。
そのため、つい強がって孤独を抱え込んでしまいがち。
自分のそういう弱い面を見ることに対する恐れも強いため、抱え込んだ孤独や弱音を、自分の心の奥の方に押しやって、否定してしまいます。 そしてまた前向きにがんばろうとするのです。

でも、それはとても余裕のない状態。
そのため人から何かアドバイスされたり、反論されたりすると、たとえそれがあくまで善意の無邪気なものであっても、ひどく腹を立てたり、ヒステリックに反応してしまうこともあるでしょう。
いっぱいに張り詰めた状態だから、少しでも自分の考えをぐらつかせるようなことを言われると、自分を支えているものが崩れてしまいそうな恐怖を感じるのです。
さらに、そんなにいっぱいいっぱいに頑張っている自分に対して「口出し」してくる相手への腹立ちも感じるはず。

でも、そんな風に強がっていなければいけない間は、牡羊座の本当の力を100%発揮することはできません。
自分の強さを守ることだけにエネルギーが消費されてしまうからです。
もちろん、それを超えていける強さも牡羊座には与えられています。
大切なのは、そんな牡羊座の不安があなたの中に存在していることをまずしっかりと認めること。
そうすれば、無自覚にその不安と恐れに振り回されることもなくなるはずです。

あなたの「月星座」が持つ意味も調べてみましょう

実は蟹座という太陽星座が表しているのは、あなたという複雑で豊かな存在のごく一面でしかありません。
あなたをもっと深く理解するためのカギとなるのが、太陽と対をなす存在である「月」。
生まれた瞬間に、月が位置していた星座=「月星座」は、その人が持って生まれた性格や心の奥底にある本当の欲求などを表すと言われています。

ページのトップに戻る