「太陽星座」が「魚座」のあなたは…

魚座

魚座という星座を、太陽星座に与えられたことの意味を知っていますか?

魚座は、12星座の中でも指折りの優しさと強い感受性、豊かな感性に恵まれた星座です。
その魚座を「太陽星座」に与えられたということが、あなたの人生にどんな影響を与えるか知っていますか?
一般的な星占いでおなじみの「星座」は正確には「太陽星座」と呼ばれます。
「太陽星座」は文字通り、あなたが生まれた時に「太陽」が位置していた星座。
そして太陽星座が表すのは、その人が「外」に向かって発揮するもの。
つまり、他人や社会との関りの中でどんな才能や個性、傾向を表し、何を大切に生きようとするのか、といったことです。
社会の中で生きる大人にとって、この太陽星座の傾向は最も目立ち、大きなウェイトを占めるもの。
魚座を太陽星座に持つ人は、他人との関りや仕事、そして自分の人生を豊かに生きようとするなかで、 魚座という星座の性質が前面に表れてくることが多いのです。
自分の性格や才能、さらに短所や欠点だと思っているものも、 魚座という太陽星座の性質に影響されているかもしれません。
その性質、力がどんなものなのかを客観的に理解すれば、 あなたの魅力をもっと豊かに花開かせ、陥りがちなトラブルにうまく対処できるようになるはず。
さっそく魚座という太陽星座の力と、その豊かな魅力を紐解いていきましょう。

「月星座」が魚座の方はこちらをチェック!

「魚座」という太陽星座を読み解く、6つのポイント

魚座が持つ「テーマと使命」

小さな個人という存在を超えて、「全体」とつながろうとする

「自分」と「外の世界」にある境界線を消滅させ、世界と同化してしまうこと。
そして「自分とはこういうモノ」という固定観念から完全に解放されること。
これが魚座に与えられた最も大切なテーマであり、使命です。
魚座は12星座の最後、終わりに位置する星座。
人はこの世に生まれ、さまざまな経験を通じて成長し、死を迎えます。
「死」という個人の「終わり」は誰にとっても避けられないものですが、それは新たな生命の始まりにつながるものとも考えられます。
12星座のサイクルを締めくくり、牡羊座からまた新たに始まるサイクルにバトンを渡す使命を持った魚座は、個人という小さな存在の死を超え、もっと大きな存在へと立ち返ろうとする方向性を持っています。
そんな魚座の性質は、霧や雲のように空気中を自由に漂う、無限に小さな粒子の集まりに象徴されます。
それは一か所にとどまらず、形もとどめず、人間たちが引いたあらゆる境界線を何のこだわりもなく超えていく存在です。
「自分」と「他者」という区別すら持ちません。
雲のように一つの形を作る瞬間もあれば、空気中に霧散して見えなくなってしまうこともある、でも確かに存在し続けている…。
もしかすると、私たちが後生大事に守っている自分の「生命」というものも、この霧や雲のように、絶えず形を変えながら存在し続けているものの、ほんの一瞬の姿なのかもしれません。
魚座はそれを私たちに思い出させようとする星座なのです。


あなたに与えられた「魚座」という星座の力は、様々な場面であなたに作用します。

この魚座という星座を太陽星座に与えられた人は、魚座の「境界線を越える」「何ごとにもとらわれず、自由でいる」 といった性質を自分の中に持ち合わせていて、少なからずその影響を受けることになります。
そしてこれは魚座に限ったことではありませんが、どんな星座の性質も、それ自体に「良い・悪い」や「優劣」はありません。
ただ、それぞれの星座の性質が場合によって良い方向に働くこともあれば、困った状況を作り出してしまうこともあるのは事実です。
それは例えば、「水」が私たちの命と生活に欠かせない物質であると同時に、 場合によってはそのエネルギーが人の命を奪い、生活を破壊することもあるのと同じ。
でも、水の力と性質を知っていれば、それをある程度コントロールすることも可能になります。
あなたが生まれた瞬間に与えられた、魚座という星座の力も同じなのです。
自分が与えられているもの、それがどんなパワーを持っていて、どんな性質、傾向のものなのかを理解していれば、 その力を様々な場面で、最大限に活かすことができます。
逆に無自覚なままに、魚座の力と性質に引きずり回されて困った状況に陥ってしまうのも避けられるでしょう。
魚座という星座の固い甲羅、そしてその内側にある繊細で優しい心と豊かな感情が、 あなたの人生にどんな作用を及ぼしているのか、具体的に見ていきましょう。

魚座を太陽星座に持つ人が「人生に求めるもの」

ルールや常識にとらわれず、心のおもむくまま生きる

あらゆる固定観念や先入観から自由でいること。
他人や外の世界と、自分との間にある境界線を越えて一体化してしまうこと。
この二つの要素は、魚座が生きていくうえで無視できないものです。

「自分」という小さな存在を超えて、その生命の根源であったもっと大きな存在へと回帰しようとする魚座。
そんな魚座にとっては、現実的な日常生活に数ある「常識」も、常識的な人達が定めた「ルール」も、大した意味を成しません。
そういう自由な魚座の力を太陽星座に与えられた人にとって、自由のない生活はとても息苦しいもの。
どんなに高い報酬や安定した生活が保証されていても、すべての日課がガチガチに固定され、決められた同じルーティンを延々繰り返さなければいけない、自分の時間が持てないような毎日では、窒息しそうな気分になってしまうでしょう。

私たち人間は、社会生活を送るうえで無意識のうちに数多くのルールに従っています。
「これはこういうもの」、「私はこういうヒト」といった常識や既成観念に縛られてもいます。
社会全体に適用できるルールがなければ混乱は避けられませんし、自分が何者かわからない…という状態では社会生活がままなりませんから、こういったルールや既成概念が必要なのは確かです。

でもそれは私たちを縛り、限界を与えるものであることも事実。
例えば革新的なアイディアを得たり、自分の限界を超えていくためには、そうやって私たちを縛っている「枠」を壊してしまう努力が必要になります。
ところが魚座は、その壊すべき「枠」をそもそも持っていないのです。
だから他の人たちよりずっと簡単に、あらゆるこだわりや思い込みから自由になれるのです。

だから太陽星座に魚座を授かった人は、他の人が「こうすべき」と考えている一般論や常識を気にせず、一つのことにとらわれず、大きな流れに身を任せて生きたいと望む傾向があります。
目標を明確に設定し、その達成のためにやるべきことを細かく洗い出し、着実にそれをこなしていく…。
それができる人が、一般的に「優秀」とされる現代ですが、魚座はそういう着実性を超越してしまう力を持っています。

こうするのが正しい、こうしなければいけない…と世間で言われるようなこと縛られず、心のおもむくままに生きる…。
魚座の人生には、そんな自由さが求められます。

魚座を太陽星座に持つ人が周囲を惹きつける「魅力」

人を放っておけない優しさ、ふんわり柔らかい雰囲気

魚座を太陽星座に与えられた人は、そこにいるだけで周囲をふんわりと優しい雰囲気にしてくれるような、穏やかでピュアな魅力の持ち主。
何かに強く執着したり、こだわったりするような凝り固まった姿勢とは無縁の魚座。 そのため太陽星座が魚座の人には、自然とやわらかで優しいムードが漂います。

また魚座は、現実的な日々の営みや、生きていくうえでのしがらみといった世俗的なことから離れて、純粋で清らかな世界に心を遊ばせる傾向がある星座。
そんな魚座の性質が、ピュアな無邪気さ、人を疑わず、誰にでもにっこり笑って近づいていけるような無垢でまっすぐな人懐っこさを生みます。

初対面の人にも警戒心を示さず、ごく自然になじむことができるのも魚座ならでは。
それは魚座という特別な星座が持つ、不思議な力から生まれる独特の魅力。
他の人が羨んでも、努力して身に着けられるたぐいのものではありません。
どこかつかみどころのないムードも、同じところからくる魚座の魅力と言えるでしょう。

さらに魚座は、根っから優しいお人好しでもあります。
特に、困っている人や辛い思いをしている人を見ると居ても立っても居られず、自分を犠牲にしてでも、相手のために何かしてあげようとします。
人の痛みにとても敏感かつ繊細なので、自分の周りに問題を抱えている人がいうと、たとえそえが自分と関りのない人であっても、激しく心が揺さぶられてしまいます。
そして、他のことを放り出してでも「何とかしなければ」と思ってしまうのです。

これも、魚座の「境界線を越える」力が成せるわざ。
「自分」と「他人」のボーダーラインを融解してしまう魚座にとって、人の痛みも自分も痛みも区別がないのです。
それを放っておけないのは当たり前のこととも言えます。
また、常に形を変え続ける自由さゆえに、自分がそれまでしていたこと、大切にしていたこを投げ出して人のために行動することにも、抵抗を感じません。

魚座にとってはごく当然のこんなことはしかし、誰にでもできるものではありません。
魚座のそんな優しさ、感受性の強さは、他の人には傑出した魅力と映るでしょう。
他人のことを常に気にかけ、献身的に世話せずにいられないお人好しの魚座が、周りの人々を惹きつけないわけはありません。

魚座を太陽星座に持つ人が発揮する「才能」

言葉を超えたインスピレーションとクリエイティビティ

魚座は、豊かなインスピレーションと想像力に溢れた、クリエイティブな才能に恵まれた星座。
太陽星座にこの魚座を与えられた人は、社会で生き抜くうえで、このクリエイティビティを様々な形で発揮することができます。

現実世界を超え、私たちの生命の根源が存在する世界へ向かうという、特別な力を持った魚座。
その力は、意識でコントロールされた、表面的に目に見える世界のもっと奥にある世界、つまり無意識の領域にアクセスすることを可能にします。
表面的な意識の世界は、個人個人が別々に分断され、時間に支配された世界。
これに対して無意識の世界は、太古の昔から変わらず、人類共通の記憶や物語をカオス状態でたたえた世界です。

言葉や文化、時代を超えて人々の心を動かす音楽や芸術は、この無意識の世界に私たちが共通で受け継いでいるものを、意識の世界に呼び起こしてくれるものと言えます。
魚座のインスピレーションとはつまり、そんな無意識の領域にアクセスすることで生まれるものです。
魚座が、音楽や芸術に関わりの深い星座と言われるのはこのためです。

でも、そんな豊かなインスピレーションを形にできるなら、それは芸術という特殊な分野だけでなく、さまざまな分野で素晴らしい才能として発揮できるはずです。
新しい商品やサービスの開発といった、革新的なアイディアが求められる仕事ではもちろんのこと、家庭の主婦であっても、毎日の生活を楽しく、家族が幸せに暮らすために、自由な発想で日々の暮らしを豊かにしていけるに違いありません。

さらに魚座は、順応性と適応性に富み、どんなことでも先入観なしに挑戦できる自由さの持ち主でもあります。
こだわりからもとらわれからも自由なので、他の人なら「今やってることを終わらせてから」と後回しにしたり、「こんなこと普通はしないよな…」「まあ無理だろう…」とブレーキをかけてしまうことにも、何のてらいもなくチャレンジできるのです。
新しい環境、始めての場にも抵抗なくなじむことができるので、他の人が意気込んで、悩んだ末に思い切ってえいや!と力いっぱい飛び込むところを、魚座はまるで気負わず、ふわりと軽やかに飛び越えていけるのです。

これも、他の星座からみると羨ましいほどの魚座の才能です。
それはあらゆる不可能を可能にし、あなた自身の人生も豊かに彩ってくれるでしょう。

魚座を太陽星座に持つ人が求める「人間関係」

人のために何かしたい、誰かから必要とされていたい

魚座は、「自分」というものを規定してしまわず、自分と他人の境界線すら持たない星座。
その魚座を太陽星座に与えられた人は、対人関係において、少なからずこの魚座の性質に影響されるでしょう。

自分を犠牲にしてでも、困っている相手を助けてあげようとする魚座。
それはもちろん「相手のため」でもありますが、むしろ、そうすることが魚座自身の「救い」である、というのも事実です。
人のために何かすることで、自分の存在意義を確かめようとするのです。

他人と自分の区別を持たないということは、他人をまるごと自分の中に受け入れてしまうということ。
当然、相手にも自分をまるごと受け入れてもらう必要があります。
そうでなければ、魚座の柔らかな世界は、魚座が「無い」のが当たり前だと思っている、他人と自分を隔たてている境界線に鋭くはねつけられてしまいます。

でも、魚座の他者とのこういう関り方は、他の星座が他者と関わるやり方とは大きく異なっています。
魚座自身もそれに気づいているからこそ、「まるごと受け入れてられたい」という願いは切実になり、その願いが人との関係性の中で叶えられるかどうか、慎重に確認しようとします。
その確認のために、自分が人から求められている、必要とされている、という実感が必要なのです。
魚座が人に細やかに気を配り、自己犠牲的に尽くす背景には、こんな切実な「一体化」への希求が隠されています。

また魚座は、「自分」というものを確立させ、必死で守る…というステージから卒業してしまっている星座。
そのため対人関係においても、自分を必死でアピールしたり、自己主張しようとはしません。
むしろ、相手に引っ張っていってもらう方が楽、と感じることも多いでしょう。
常に自分が何かを決めなければいけない、あるいは現実的でシビアな判断を常に迫られるような人間関係は、魚座にとっては負担になります。
どこか浮世離れしたのんびり屋さんの面もあるので、必要以上に厳しく接する人や、威圧的な態度をとる人も苦手です。

一方で、初対面の人や、価値観や立場が異なる人には抵抗を感じません。
出会う人たちとの縁を楽しみながら、その人たちとの関係性の中で、自分も変化し続けていく…。
それが魚座の求める人間関係であり、それができるだけのフレキシブルさを与えられているのが、魚座と言えます。

魚座を太陽星座に持つ人が抱えている「不安」

繊細すぎる心と感性、自分に執着できない不安

何ごとにもとらわれない、自由な魚座。
それなら心はいつも晴れやかで、不安とは無縁かというと、そういうわけではありません。

魚座は繊細で、あらゆることに心を大きく動かされます。
そのため感情が激しく揺さぶられやすく、喜怒哀楽の落差がむしろ激しくなる傾向が。
どんなに楽しい気分でいても、苦しんでいる人や悲しい出来事を見かけてしまうと、いちいち共感して悲しい気持ちになってしまう…。
「今の自分には関係がないこと」と見過ごすことができないのです。

その逆も真実で、何か感動することに出会えば、自分の心の動きをセーブすることなく目いっぱい感激します。
小さなことにも激しく感動していたかと思えば、自分に直接関係のないことにまで反応して落ち込んでしまう…。
その心の動きの大きさが、魚座に不安定さをもたらすのは事実ですが、その柔軟さゆえに、ずっと落ち込み続けることは少ないでしょう。

また、自由さや柔軟な姿勢と矛盾するようですが、魚座は心配性で、小さなことに怯えがちな面があります。
そのため人の目を気にし過ぎたり、消極的な態度をとってしまうことも少なくないはず。
何にでもこだわりなく挑戦できるはずの魚座なのに、なぜそんなことが起こるのでしょう。

これは、魚座が12星座の最後という、特別な位置にいること、その特別さが引き起こす不安と言えます。
魚座は、これまで続いてきた壮大なサイクルを締めくくり、新たに始まる次のサイクルにバトンを渡す、特別な使命を持っています。
魚座に至るまでの11の星座が、「自分」というものについて必死で考え続けてきたのに対し、魚座はそういう段階を超えてしまっています。
もう「自分」とう小さな存在から卒業して、次のステージに進まなければならないからです。

そのため、他の人たちが何を差し置いても大事に守ろうといる「自分」というもの、その重要性が魚座には希薄なのです。
それは大きな強みにもなり得る素晴らしい素質なのですが、その可能性に気付かないと、コンプレックスとして作用してしまう可能性もあります。
他の人たちが目標を決めて、コツコツがんばっているのに、なぜか自分はそういう風になれない。
みんなが当たり前だと思っていることに、なぜか馴染めない…。

そんな不安が、「自分はダメな人間なのでは」という怯えにつながってしまうことで、人の目を気にしたり、消極的になったりしてしまうのです。

あなたの「月星座」が持つ意味も調べてみましょう

実は蟹座という太陽星座が表しているのは、あなたという複雑で豊かな存在のごく一面でしかありません。
あなたをもっと深く理解するためのカギとなるのが、太陽と対をなす存在である「月」。
生まれた瞬間に、月が位置していた星座=「月星座」は、その人が持って生まれた性格や心の奥底にある本当の欲求などを表すと言われています。

ページのトップに戻る